Paperback

本のようにじっくり読みたい! 掘り下げて知りたい情報をお届けする深読み型ウェブマガジン

ドラマ

Aではない君とネタバレあらすじ 原作結末の衝撃な息子の告白に胸が締めつけられる‥

投稿日:

テレビ東京開局55年スペシャルドラマとして「Aではない君と」が放送されます。

もし自分の子供が、人を殺めた罪で問われてしまったら‥

この物語は、自分の息子が突然友人を罪に問われ、頑なに心を閉ざす息子、そして必死に息子の心に寄り添おうとしていく親子の物語。

ドラマ化されるということなので、原作が気になって読んでみました。

息子が固く口を閉ざす理由は一体なぜなのか‥!?というのが気になって気になって、もう夢中になって一気読みしてしまいました。

今回は「Aではない君と」原作版ネタバレあらすじと感想について、簡単にまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない人はご注意下さい。

スポンサーリンク


Aではない君とネタバレあらすじ【突然の知らせ】

建設会社に務める・吉永圭一(佐藤浩市)は、数年前に離婚し、前の妻との間に14歳になる息子・翼(杉田雷鱗)がいる。

翼は元妻の純子(戸田菜穂)が引き取っているため、圭一が翼と会うのも3ヶ月に一回程度。

圭一は新しい恋人・美咲(市川実日子)と結婚することを考えていたため、次に翼に会ったら報告しようと考えていた。

そんなある日、圭一のスマホに翼から着信が入る。仕事が終わった後に、折り返し連絡をするが翼の応答はなかった。

 

その後、圭一は翼の同級生の少年が、何者かによって命を奪われたと知る。

「翼は大丈夫なのか‥」と心配する圭一。

しかし、その直後元妻・純子から「翼が逮捕された‥」と連絡が入った。

すぐさま警察署に駆けつけた圭一だが、翼は事情聴取を受けているため、会うことはできない。

まだ事情聴取中であるが、ネットで翼の名前を検索すると、すでに犯人として翼の名前、自宅の住所、元妻・純子の勤務地までが特定されている。

「大変なことになる‥」

圭一は今後どうしたらいいのか相談すべく弁護士事務所を訪れ、弁護士の長戸(八嶋智人)が弁護人になることとなった。

スポンサーリンク


【罪を認めた翼】

後日、弁護士の長戸は翼の接見に行くが、翼は黙ったままで何も話さない。

その後、圭一の接見も許され、翼と面会をする。

圭一は他愛もない話しをして、翼の心をほぐそうとするが、翼は一言も話すことはなかった。

その後も圭一は翼と面会を望むが、翼から面会を拒否されてしまう。

弁護人の長戸が、幾度となく接見に行くが、あいからわず固く口と閉ざしたまま。

行き詰まった長戸は、3児の子供を持つ女性弁護士・神崎(天海祐希)に助けを求めた。

彼女であれば、翼の固く閉ざされた心を開くことができるかもしれないと、翼の弁護を神崎にバトンタッチした。

 

一方、この事件を追い続け、翼の学校での様子や、家庭環境について記事にしてきた記者・中尾(山本耕史)が圭一に接触してくる。

翼がどうしても犯人だとは思えないところがあるという中尾の発言が気になった圭一は、取材に応じる代わりに、その発言の意図を確かめようとしていた。

中尾から、そもそも被害者の子供・優斗と翼は仲が良かったため、翼が犯行を犯す動機がわからない知らされる。

翼と優斗は本当に仲がよく、翼が出来心から万引きをした時も、優斗が一生懸命に翼をかばってくれたという。

 

子供の頃、圭一と翼が散歩に出かけた時、翼は捨てられている子猫を見つけ育てたいと言った。

圭一は、翼の願いを叶えてあげたいと、わざわざ社宅から猫を飼える家に引っ越した。

翼は猫のペロを本当にかわいがっていた。

動物が好きで心優しい翼が、こんな事件を起こすはずがない‥圭一は、翼が犯人だとは信じられなかった。

しかし、圭一が中尾に話したことは面白おかしく週刊誌に書かれてしまう。

それがきっかけで、圭一は、報道陣に追われるようになっていた。

スポンサーリンク


そんな中、圭一との面会を拒否していた翼が面会を受け入れた。久々に翼と面会する圭一。

あいからわず口を閉ざす翼だったが、圭一が最後に「本当に優斗くんの命を奪ったのか‥?」と問いかけると、翼は静かに頷いた。

「翼が犯人であるはずがない‥」

と心のどこかで思っていた圭一だったが、翼が罪を認めたことで、絶望のどん底に突き落とされた気持ちになった。

今目の前で何が起こったのか信じらず、意識が朦朧とする中、面会所を後にした。

圭一が部屋を出ようとする時「また面会に来てくれる‥?」という翼の声がかすかに聞こえた。

自宅に帰った圭一は、恋人である美咲に全てを話した。

美咲は、翼が犯人だとしても圭一と一緒になりたいと思っていた。

しかし、今後もし圭一が翼を引き取るかも知れないということを考えると、やはり一緒になることはどうしてもできない。

こうして美咲と圭一は別れたのだった。

スポンサーリンク


【圭一が翼の付添人に】

翼が逮捕されて40日経ち、翼は家裁に送致されることになった。

翼は、被害者の優斗を殺めたことを認めているものの、理由については誰にも話そうとしない。

このままだまり続けていれば、逆送(※)されてしまうかもしれない。

※逆送(検察官送致):成人と同じ刑事事件を受けるべきと判断されること。通常少年犯罪の裁判の場合傍聴人はいないが、逆送されると、成人と同じ扱いになるため傍聴人が入る。

 

さらに、翼は神崎が付添人になることを拒否し、どうしても圭一と二人きりで会いたいと言った。

しかし、二人切りになるためには、圭一が翼の付添人になる方法しかない。

それは同時に、翼の味方をすることを意味し、被害者の家族のことを考えると圭一は複雑だった。

しかし、圭一は翼の付添い人になることを決意し、家裁からも認められた。

 

翼の付添人となった圭一は、翼に面会に行く。

ようやく二人きりとなったものの、翼はなかなか真実を話そうとはしない。

もし、動機を話さずこのまま黙ったままであれば、逆送される可能性がある。その期限は4週間後に迫っていた。

なんとか真相を話してもらわなければいけない‥

圭一は何度も翼の元に足を運び、その一方で神崎も、翼と優斗との間で何があったのか調べ始めた。

やがて、圭一は翼が優斗からいじめを受けていたことを知る。

圭一は、翼に何があったのか教えてほしいと訴え、翼は少しずつ話し始めた。

スポンサーリンク


【いじめ】

優斗は父が弁護士で優秀な生徒だった。

しかし、実の母が亡くなり、その半年後、父は別の女性と結婚した。

そんな中、転校してきてクラス中から無視されている翼も、父がいないことを優斗は知った。

優斗は、仲間意識を持ったのか翼に話しかけてくるようになり、二人は仲良くなった。

やがて、優斗を通じて新しい友達もでき、4人で遊ぶようになった。

最初は普通に遊んでいるだけだったが、やがて「裁判ごっこ」という遊びをするようになる。

まず、翼が優斗に言われ、学校でいたずらをさせられる。

そして、放課後に翼の家でいたずらを処罰する裁判をするというもの。

被告人は翼、弁護士役は優斗。

優斗は、翼を弁護するものの、最終的には「親から見捨てられた子供だから、こんな罪を犯してもしかたない」と言われ、いつも有罪判決にさせられる。

そして、その罰として翌日に学校でいたずらをすることを強要させられるというものだった。

そんな日々を1年も送っていたことが判明した。

 

さらに、翼が久々に父と再会し、楽しそうに過ごしていたことを、別の生徒が目撃しており優斗の耳に入った。

すると優斗は、翼を裏切り者扱いし、自ら命を絶つと言い出した。

翼が必死になって止めると、優斗は本当に自分のことが大事なのであれば、翼が大事にしていた猫のペロの命を奪うことを命じた。

翼は優斗の要求に逆らえず、優斗と一緒にぺろの命を奪った。

さらにペロだけでなく、買ってきたハムスターも同じようにさせられた。

優斗はその時の映像を撮っており、自分に逆らうとこの映像を父(圭一)に送りつけると脅していた。

翼ははっきりとは言わなかったが、そのことが原因で優斗の命を奪ったようだった。

しかし、翼はペロやハムスターの命を奪ってきた優斗は、同じように命を奪われても当然だと主張。

翼は、優斗の行動によって心を殺された。心を殺されたのに、身体を殺したらなぜいけないのかと圭一に問いかけた。

翼の憎しみは、圭一の予想以上に深く、自分の方が被害者であるという感じすら取れた。

そんな翼の姿に圭一は動揺した。

スポンサーリンク


【真相】

事件が起こった夜、めずらしく翼から連絡が入っていたことが圭一は気になっていた。あの時、翼は圭一に何を話そうとしていたのか‥

圭一は事件現場に向かい、周辺を調べ始めた。

すると、現場近くのアパートで干してあったスウェットが盗まれていることを知った。

そのスウェットは翼が盗んだもののようだった。

計画的犯行であれば事前に用意するはずである。もしかして翼は意図せず事件を起こしてしまったのではないか‥。

もしかして、そもそも翼は、優斗の命を奪うつもりではなく、自分自身で命を絶とうとしていたのではないか‥。

そして、あの夜の着信は自分にさよならを言うためだったのではないか。

しかし、圭一が電話にでず、その間に呼び出した優斗が現れいざこざに発展し、あんな事件を起こしてしまった。

圭一はそう思い、翼に問いかけた。

翼は自ら命を絶つことを考えるほど追い詰められていた。しかし、そのことを話すと圭一が傷つくと思っているため黙っているのではないだろうか。

翼は唇が震え、何かを言おうとしていたがうまく言葉を発することができなかった。

圭一は「お前は悪くない」と言い、審判の最後に翼が話すことができる時間があるから、本当のことを話すようにと言った。

【裁判】

そして迎えた審判当日。

しかし、翼はただ言われたことに対し、ただ聞かれた問いかけに短く答えるだけだった。

圭一は、例のスウェットを取り出し、全ての真相を明かそうとしていた。

裁判官から、自ら命を絶とうとしていたのかと問いかけられるが、翼は答えなくないという。

それでも圭一は、翼に、かわいがっていた猫を失った時、辛かったはず。

それと同じように、大事な命が亡くなった時、周りの人はどう思うのか、考え続けながらこれから生きてほしいと訴えた。

翼はうつむいたままだった。

 

やがて翼は少年院に送られることになった。

審判が終わり、優斗の父に呼ばれた圭一。

優斗が翼をいじめていたことを知った優斗の父は、以下2つのお願いをした。

・いじめのことを公表しない

・翼が本当に更生した姿を見せてほしい

その2つを約束してくれたら賠償請求はしないと言った。圭一は、この申し出を受け入れた。

スポンサーリンク


【結末:衝撃の告白】

やがて、2年の時が経ち、翼は少年院から出院した。

圭一は翼と一緒に暮らし、近くの居酒屋で少しずつアルバイトを始めた。そして、その働きぶりが認められ、翼は正社員となった。

事件から4年が過ぎようとしていた。

圭一は、真面目に働く翼に、優斗の父に謝罪しに行かないかと言い、優斗の父と交わした約束のことを話した。

不安がる翼だったが、優斗の家を訪れることを承諾した。

 

しかし、会いに行く前日、翼は失踪してしまう。

慌てて圭一は翼のことを探し、最悪の事態のことも考え始めた‥。

なんとか見つけ出した圭一。

しかし、翼は思いもよらぬ真相を話し始めた。

裁判の前、圭一は翼に、優斗の命を奪うつもりはなく、翼自身が自ら命を絶つつもりだったんだろうと言った。

しかし、翼自身はそういうつもりではなく、元々優斗の命を奪うつもりであったと打ち明けた。

事件の夜、圭一に連絡したのは犯行直前に怖くなったためだという。

もし、あの時、圭一が電話に出ていれば事件は防げたのかもしれない‥。

父が考えていたものではなかったのだ。

翼は本当のことを言おうと思っていたが、審判の前日「生きていてよかった‥」と言われて益々言えなくなってしまった。

ショックを受ける圭一だが、今更優斗の父にも打ち明けることはできない。

残された道は、心の底から謝罪し生きていくこと。

圭一は、翼を説得し、優斗の父を訪ねた。

優斗の父は、本当は持っていたくないが、一番いい顔をしているのがこれだった‥と言い、翼と一緒に写っている優斗の写真を見せた。

すると、翼は「優斗‥!!」と何度も名前を呼びながら泣き崩れた。

この先、翼のことを本当に理解してくれるものとはもう絶対に出会えないだろう。

圭一は、その重い十字架を背負い続け生きていくことが、人の命を奪ったものの定めなのではないかと神崎が言った言葉を思い出していた。

だからこそ圭一は、翼をもうひとりにはさせないと強く思ったのだった。

(おわり)

スポンサーリンク


Aではない君とネタバレあらすじ【感想】

読み進めるにあたり、ストーリーにどんどん引き込まれ、一気に読んでしまいました。

加害者側の親子の話しがメインではありますが、一生懸命に息子を信じ守り抜くというよりは、圭一の少しばかりずるく弱い部分も最初の方は垣間見え、それがなんだかリアルでした。

また圭一は翼と別々に暮らしているうちに、翼の知らないことがどんどん増えていることに気づいていきます。

今まで知っているようで知らなかった翼の一面を圭一が知っていく部分もとてもリアルで、子供であってもどんどん成長していき、一人の人間として変わっていくという当たり前のことに、改めて気付かされたような気がします。

そして、ラストの衝撃の告白‥。

翼はやっぱり優しい子で、元々優斗くんの命を奪う予定はなかったんだよねと信じ込んでいた圭一ですが、そうではなかったことが判明します。

翼も翼で、圭一が思うような子でありたかった‥そして、もし本当のことを話してしまったら、唯一の味方である父さえも離れていってしまう恐怖。

だからこそ、本当のことは誰にも話せず共有できず、苦しみ続けてきたことが明らかになります。

そして、あんなひどいことをした優斗なんていなくなって当然だくらいに思っていたのかもしれませんが、優斗の写真を見て、改めて取り返しのつかないことをしたと思ったのか翼は「優斗‥!!」と何度も名前を呼びながら泣き崩れます。

本当は楽しく過ごした時間もあったはず。でもちょっとしことで、歯車が狂い始め、それが事件となってしまった‥。

このシーンには胸が締め付けられそうになりました。

翼は圭一にSOSを求めていたこともあったものの、気づくことが出来ず、圭一は翼がそんな事情を抱えているだなんて知りもせずに、新たな自分の人生を生きていた。

少しずつどこかでズレが生じ始め、始めは些細なことだったはずなのに、一人の少年の命を奪う事件にまで発展してしまう、ひどく悲しく重い話しではあったものの、色々と考えさせられる内容でした。

そして、これは被害者側・加害者側に限らず、決して他人事ではなく、自分自身にも起こりうることなのかもしれません。

スポンサーリンク


-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シグナル1話ネタバレあらすじ感想 想像を遥かに超える真犯人の手口に鳥肌!

坂口健太郎さん主演の新ドラマ「シグナル」がスタート! 無線機で過去と現在が繋がり事件を解決していくという新感覚のドラマです。 韓国で大ヒットしたドラマ「シグナル」が原作にかなり寄せて作られるということ …

刑事ゆがみ9話ネタバレあらすじ&感想 ロイコ事件真犯人はヒズミ?弓神,ヒズミ守るため事件隠蔽か

SNSなどで満足度が高いドラマ「刑事ゆがみ」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 刑事ゆがみも最終回まであと僅か。第9話ではある資産家が襲われた事件により、ヒズミの過去に関係する「ロイコ事 …

アンナチュラル4話ネタバレあらすじ&感想 恋人の解剖を行った中堂の深い闇‥

石原さとみさん主演ドラマ「アンナチュラル」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 不自然死究明研究所(UDIラボ)に運び込まれる不自然な死を遂げた遺体から真実を追求していくドラマ。 早くも第 …

シグナル5話ネタバレあらすじ&感想 無線によって起きた悲劇!深まる大山の謎!

坂口健太郎さん主演ドラマ「シグナル」のネタバレあらすじと感想についてまとめています。 毎週ドキドキハラハラの1時間で、面白いと話題になっている「シグナル」 映像も内容も本格的で毎週見逃せません‥! 今 …

隣の家族は青く見える5話ネタバレあらすじ&感想 リセットした日に出産立会う奈々に号泣‥朔の壮絶な過去が!

深田恭子さん、松山ケンイチさんが出演する「隣の家族は青く見える」 深キョンの可愛さに惚れ惚れし、松山ケンイチさんの優しさに毎回号泣する人気のドラマ。 決して派手ではない内容ですが、所々共感できるポイン …

カテゴリー