花のち晴れ最終回ネタバレあらすじ感想!切ない展開に涙!音が最終的に選んだのは…

杉咲花さんが主演と務める「花のち晴れ」がついに最終回を迎えます!

晴のことが好きだという自分の気持ちに気付いた音。しかし、天馬のこともあり晴への気持ちを封印しようとします。

そんな中、晴と天馬が音を巡って武道対決をすることに。

絶対的にフリな状況の中諦めずに練習に励む晴。この勝負に晴が負けてしまえば、海外に留学すると父と約束。

前回第10話ネタバレあらすじはこちら。

花のち晴れ10話ネタバレあらすじ感想 晴への想いが止まらない音!晴VS天馬の闘いが始まる!

さて、音は天馬と晴、どちらとくっつくのでしょうか…!?

今回は「花のち晴れ」最終回ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


花のち晴れ最終回ネタバレあらすじ【前半】

音を巡って始まった天馬と晴の武道対決。しかし第1試合目で晴は腕を負傷してしまった。

試合後、音は利恵から天馬との式場を押さえたと言われる。

音は以前、晴からパワーがあるともらった豚の人形を晴に渡しに行く。天馬を応援すると言う音がだが、晴にも頑張って欲しいと伝えた。

そんな中、以前音を襲った男たちが近衛が雇った人物であることが。真実を知った天馬は近衛に自分の前から消えるように言った。

試合2日目。なんと晴が勝利。

試合後、全力で試合に挑む晴のことを思いめぐみは自分から別れを切り出し身を引いた。晴の元を去り、一人泣き崩れるめぐみの前に愛莉が現れある場所に誘った。

近衛は天馬に見捨てられ絶望していた。そんな近衛に音は、たった一度の失敗でその人を責めたりそんな人間になりたくはないと近衛を許した。

音の言葉に近衛は心から謝った。

そんな近衛に天馬は剣道の稽古に付き合って欲しいと声をかけた。

その夜、亜里沙の家を訪ねた音。愛莉もめぐみを誘って亜里沙の自宅を訪れた。するとそこに亜里沙の恋人が現れ突然のプロポーズ。

みんなでタコパーをし、めぐみは晴と別れたことを告げた。しかし音は天馬と一緒に生きると決めたと言う。

それでもめぐみは、今の自分が宇宙一好き…?と問いかけた。音は「もちろん…」と答えた。

晴に最後まで好きになってもらえなかった…と言うめぐみだったが愛莉は「そんなことない!」とめぐみを励ました。

帰宅した音の自宅を晴が訪ねてきた。

そして実はこの試合は天馬とある賭けをしていたと話し始めた。既にそのことを知っていた音は、晴が勝っても天馬と一緒に生きていくと言った。

晴は、この試合に勝っても音の好きにしたらいいと言い、賭けをするのは自分に嘘を付きたくないから…

そして、試合の後、恵比寿ガーデンプレイス時計広場で待っていると伝えた。音は行かないと言うが、晴は自分がそうしたいと言い帰っていった。

スポンサーリンク


花のち晴れ最終回ネタバレあらすじ【後半】

晴の真っ直ぐな思いを知り、音は胸が苦しくなっていた。それでも音は天馬の側にいると堅く決心していた。

そして最終対決・剣道試合が始まった。

晴は「好きを諦めない…」と心の中で思い、音もどんな結果になろうとも天馬の側にいることは変わらないと心の中で唱えた。

そして試合は…晴の完全まぐれによるまさかの勝利…!

天馬は晴に手を差し出し、晴もその手を握り二人は握手を交わした。

試合後、天馬の元に行き一緒に帰ろうと明るく振る舞う音。天馬は音の野菜炒めが食べたいと言った。

一方、晴の元に父・巌が現れ好きにしろと言った。晴は完璧ではないがいつか認めてもらえるようになると言った。しかし巌は「完璧な息子しかいらない…今日のお前は10点中6点だ」と言い去っていった。

晴はその言葉に笑顔を見せた。

帰宅した音は、天馬に野菜炒めを作った。天馬は美味しいと言いながら食べ、音との思い出は全部宝物だとお礼を言った。

そして、天馬は音にもう終わりにしようと告げた。天馬は音が音らしくいるために自分が身を引いたのだった。

そして、天馬は音に晴の元に行ってこいと背中を押した。去りゆく音の後ろ姿を見て天馬は必死に涙を堪え歩き出した。

そんな天馬の前にC5が現れた。音を晴の元に向かわせたことを知った愛莉は天馬にこれからたくさん楽しいことあるよと声をかけた。

スポンサーリンク


恵比寿ガーデンプレイス時計広場。

晴は音を待ち、音は晴の元へ向かった。

二人は再会したらお互いに「大好きだ」って伝えよう。

それから…それから…。

伝えたいこと、一緒にやりたいことで二人の思いはいっぱいだった。

(おわり)

花のち晴れ最終回ネタバレあらすじ【感想】

花のち晴れ、最終回を迎えました。

最後まで天馬に寄り添おうとした音。しかし、音の本当の気持ちに天馬は気付いており、自ら身を引くという切ない展開となりました。

天馬が完璧でいい人なだけに天馬ファンとしては辛いラストとなりましたが、どこかふっきれたような天馬が救いだったなーと思います。

でもなんだかんだ言いつつやっぱり音と晴はお似合いですし、晴も真っ直ぐでこれまで音一直線で頑張ってきたことからも、二人が結ばれてよかったなと思います。

それに天馬と愛莉がラストで会話していたシーンから、この二人が妙にお似合いだったのでこの後、この二人にくっついてほしいなーなんて思いました。

二人にも幸せになってほしいので、天馬と愛莉のスピンオフバージョンやってほしいですね。

最後、ちょっと尻切れトンボな終わり方のように思いましたが、もしかして続編やスペシャル編などがあるのかな…?

切ない展開ながらも、心地よいラストで終わったのでよかったと思います。

スポンサーリンク


昼顔映画ネタバレ結末が衝撃すぎて絶句…ラスト指環と子供の意味とは

大ヒットしたドラマ「昼顔」の3年後を描いた映画版「昼顔」が地上波にて初放送!

一度は別れた紗和と北野先生が、3年ぶりに再会し、再び二人の不倫が始まります…!

一足先に映画「昼顔」を鑑賞しましたが、ラストの展開にショックでしばらく動くことができませんでした…。

今回は映画「昼顔」のネタバレ結末を簡単にまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


昼顔映画版ネタバレ【前半】

北野先生(斎藤工)との不倫により、全てを失った主人公・紗和(上戸彩)は、知り合いがいない海辺の街に移り住み、小さなカフェでアルバイトをしながらひっそりと暮らしていた。

もう北野先生のことを思い出すこともない…そう思っていた紗和だったが、北野先生が蛍について講演会をするため紗和の住む街を訪れることを偶然知ってしまう。

居ても立ってもいられなくなった紗和は、講演会場に向かい、会場に潜り込んだ。講演会が終わり、余韻に浸るように近くの森に蛍を探しに一人で向かった紗和。

結局、蛍は見つけられず紗和が一人バスで帰宅していると、北野先生の姿を発見。

紗和は思わず、バスの中から北野先生の名前を呼んだ。紗和の声に気付いた北野先生はバスを追いかける。しかし、お互いに姿を見失ってしまい会うことはできなかった。

しかし、後日再び森に蛍を探しに行った紗和は北野先生と再会する。

そして二人は週に1度、蛍を一緒に探すようになった。一言も言葉をかわさず、一度も触れ合わず、連絡先も教え合わず…

バスの窓に次会う約束の日時を書き合い逢瀬を重ねた。

しかし、このままの関係を続けるわけにはいかない…。二人はもう会うのを止めることを決意し、最後だからと一緒にバスに乗り込み駅で降りた。

すると次の瞬間…ものすごい車のクラクションの音が鳴った。

クラクションを鳴らしたのは、北野先生の妻・乃里子(伊藤歩)だった。二人が会っていたことを知った乃里子は激怒。

もみ合いになり、紗和はその場から立ち去った。しかし北野先生は乃里子を置いて紗和を追いかけ、今度こそちゃんとするから信じて欲しいと言い帰っていった。

紗和も許されないとわかっていながら、北野先生と一緒になりたいと願っていた。

スポンサーリンク


昼顔映画版ネタバレ【後半】

数カ月後。

北野先生は紗和の住む街に引っ越し、二人は一緒に暮らし始めた。まだ乃里子と籍は抜けていないものの、一緒になろうと話していた。

しかし、紗和は北野先生が自分に内緒でまだ乃里子と会っていることを知り不安になる。

一方、北野先生は沙和がバイト先のオーナーと親しくしているのを見てしまい不安になっていた。そして、二人はついに抑えていた感情が爆発しぶつかってしまう。

翌日、紗和は乃里子の元を訪れた。乃里子は、駅の階段で転倒し脊髄を痛めた影響から、車椅子生活となっていた。

乃里子を放おっておけなかった北野先生は買い物や引っ越しを手伝うために会っていたのだった。乃里子はもう吹っ切れた様子で北野先生をよろしく…と紗和に言った。

お互いの不安も解消され、北野先生は紗和にプロポーズするべく指環を購入する。

そして後日、乃里子から離婚届にサインを入れたと連絡があり、届けを出したら籍を入れようと紗和に言った。

二人きりで結婚式もしたいと言った北野先生だったが、沙和は式よりも蛍のいるあの森でミルキーウェイを見たいと言った。

北野先生は、ミルキーウェイを見ながら沙和に指環を渡そうと思い、森の百葉箱に指環をこっそり入れ乃里子の元へと向かった。

乃里子から離婚届を受け取った北野先生。乃里子は少し歩けるようになっており、最後だから…と車で北野先生を駅まで送り届ける。

穏やかな様子で北野先生に紗和のことを聞いていた乃里子だったが、様子が一転し車を暴走させる。

乃里子は二人のことを許したつもりだった。しかし、もう夫と一緒に過ごすことはできない…

乃里子は、そう思った瞬間、自らベランダから落ちたのだった。階段から落ちたというのは嘘だった。

乃里子はそのまま車を暴走させ、車もろとも崖から落ちたのだった。

スポンサーリンク


後日、紗和は警察に呼ばれた。

北野先生は即死。乃里子は一命を取り留め、北野先生の遺体はまだ籍が入っていた乃里子の実家に送られることになった。

紗和は退院した乃里子の元に向かった。

乃里子は、北野先生は最後に自分のところに戻ってきたと嘘を付き、紗和を一生恨むと言い去っていった。

最愛の人を失ってしまった紗和。電車を降り、ふと向こう側で点灯する明かりが蛍の光のように見え、紗和は線路を歩き出した。

しかし、その点滅は赤色に変わり、蛍でないことに気づき紗和はそのまま線路に横たわった。

そして空には北野先生と見る約束をしていたミルキーウェイが広がっていた。ふと左手の薬指に止まった蛍が光りを放ち点滅していた。

しかし、その直後蛍は空へと舞い上がっていった。

ふと、向こう側を見ると遮断器が降り電車が来ようとしている。紗和はとっさに線路から必死にホームへよじ登った。

そして後日、紗和は北野先生の子供を妊娠していることを知り生かされた意味を知った。

====

蛍のいる森に男の子と女の子の姿があった。

森の置かれている百葉箱から、男の子が指輪を見つける。そしてその指輪を一緒にいた女の子にはめてあげたのだった。

(おわり)

スポンサーリンク


昼顔映画版【感想&ラスト指環と子供の意味とは?】

鑑賞後、しばらく呆然としてしまうくらい衝撃的な展開でした…。まさか北野先生が亡くなるとは…。

それにしても、事故後退院してきた乃里子が怖い怖い…。顔の怪我がより一層そうさせているのかもしれませんが、紗和を見る目が恐ろしくホラーでした。

一度は北野先生と紗和が一緒になることを許したように見えた乃里子。しかし、いざ二人が結婚することを知り、これまで抑えていた気持ちが爆発したのでしょう。

故意に事故を起こし、結果北野先生が亡くなってしまいました。そして正式な離婚をしていないため、北野先生の遺体は乃里子の元へと戻されることに。

北野先生を紗和の元へは戻さず一生自分の元に北野先生を置いておこうとする乃里子が恐ろしくて鳥肌が立ちました。

しかし、あのまま乃里子が物分りの良い元妻だったら、ちょっと陳腐な展開になりそうですし、これくらいドロドロして後味が悪いのが昼顔らしい展開だったかなと。

やはり不倫はダメ…という意味合いもあってか、最終的に紗和と北野先生は結ばれ幸せに暮らすことはできなかったですね。

また、北野先生が紗和に渡すはずだった指環を百葉箱に隠しており、後日ある男の子が見つけて、一緒にいた女の子にはめてあげるというラストで終わりました。

このラストシーンについては、色々な見解があるようですが、もしかしたら女の子の方が紗和の娘なのかなーと思いました。

しかし男の子が北野先生の講演会で質問していた少年だったので、そんなに月日は経っていないのかな?とも思いましたが、百葉箱が結構朽ちていたことからも、その可能性もゼロではないのかなと…。

指環をもらった女の子が家に帰って、母である紗和に見せてあげ、せめて指環だけは紗和の元に届けられるというその後になっていればいいなと思いました。

スポンサーリンク


ブラックペアン最終回ネタバレあらすじ感想 ラストの展開に号泣!ペアンの真実が明かされる!

二宮和也さんがダークヒーローを演じ話題の医療ドラマ「ブラックペアン」がついに最終回を迎えます!

前回第9話にて佐伯教授の手術を成功させ命を救った渡海医師。その一方で、ずっと渡海が行方を負い続けてきた飯沼達次氏が東城大に極秘入院してきます。

ついに因縁の対決も最終決戦に!一体どんな真実が隠されているのでしょうか。

知りたいけど、終わってほしくないブラックペアン。今回は最終回のネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ブラックペアン最終回ネタバレあらすじ【前半】

佐伯の手術が行われたが、あくまでも緊急処置にすぎず再手術を行う必要がある。渡海はそのことを引き合いに飯沼達次の居場所を教えるように要求。

しかし佐伯はそれを拒み、無理を承知で外科学会に出席することを決意。しぶしぶ渡海も同行することとなった。

一方、花房は看護師長に言われ極秘で飯沼の看護を担当していた。そんな中飯沼の様態が急変。処置に当たる花房だが、高階が偶然にも飯沼の存在を知ってしまう。

渡海も飯沼が東城大に入院していることに気付いていた。しかし、看護師長がつきっきりで看護しているため近づくことができない。

しかし外科学会の直前、佐伯が倒れてしまう。渡海は処置を行い佐伯は一命をとりとめたが、そのスキに渡海は飯沼に接触。

そして、胸のペアンが残されていることを話し、佐伯の手術を受けたことを証言してほしいと言う。しかし飯沼は渡海の申し出を拒否。

すると飯沼の様態が急変。一方佐伯は渡海が飯沼の居場所を突き止めたことを知る。

飯沼が意識不明となり、渡海は処置を行いつつも胸のレントゲンを撮ろうとする。すると高階が現れ、何があるのか説明して欲しいと申し出る。

すると渡海は胸にペアン残されていると、飯沼のレントゲン写真を見せたのだった。

渡海の父はこの医療過誤を佐伯になすりつけられたことも話した。飯沼にはその証言をしてもらう必要がある。

そして全ての根源であるペアンを取り出す必要がある。

渡海は、佐伯に内緒で飯沼のペアンの取り出し手術を行うことにした。高階も協力し、手術が始まった。

飯沼の胸を開腹した渡海はペアンを発見。

スポンサーリンク


ブラックペアン最終回ネタバレあらすじ【後半】

渡海がペアンを取り出そうとしたその時、車椅子に乗った手術室に佐伯が現れた。佐伯はドクターヘリを使って、東城大に駆けつけた。

佐伯はペアンを外さないように言う。しかし渡海は「親父!もうすぐ終わるぞ。親父が全てを失ったこのペアンでお前が全てを失う!」と言い放ちペアンを取り除いた。

そして取り出したペアンを片手に渡海は薄笑いをし「さよなら…佐伯」と言った。しかしその直後、激しく出血。

出血は止まらず、処置に追われる渡海たち。

すると佐伯は「地獄の扉を開けたな」と言い渡海にどけるように言った。

そして飯沼の処置を行いながら真実を話し始めた。

15年前、東城大の近くで大規模な爆発事故が起き次々と患者が運ばれ病院は混乱した。そんな時、佐伯が担当していた飯沼の様態が急変。

人も機材も不十分な状況の中、飯沼の出血を抑えられなかった。そのため止む終えなく、佐伯はペアンで止血し一旦手術を終えた。

その直後、佐伯は海外出張となり、偶然にも飯沼が緊急で運ばれ、渡海の父・一郎が手術を行った。

ペアンを発見し驚いた一郎は佐伯に連絡を取ったが、通信環境が悪く、ペアンを取らないようにという最低限の指示しか出せなかった。

一郎は少ない情報から佐伯の意図を汲み取り、ペアンを残したまま手術を終えた。

しかし、その後一郎が偶然手にしていた飯沼のCT画像を黒崎が見てしまい、医療過誤だと問題になってしまった。

一郎は弁解せず何も言わず東城大を去り、その後亡くなった。一郎は、亡くなる前、佐伯に「何も言わなくてもいい、全てを託す」と手紙を送った。

自分の余命が幾ばくもないと気付いた一郎は、医療過誤の責任を全て背負い、去っていったのだった。

その後佐伯は一郎の医師を受け継ぎ、飯沼の命を守るため真実を隠し通した。このブラックペアンは佐伯自身への戒めである。

医者は完璧ではない。そのことを忘れず日々、本当の医療とは何か説い続ける覚悟の証である。ブラックペアンを使うのは自分一人で十分だ。

そしてそのブラックペアンを使う時は、自分が外科医を辞める時。そのために生きてきた、そしてそれも今終わる。

「ブラックペアン」

佐伯は指示を出し、ブラックペアンが渡された。そして飯沼の胸の中に入れ、ペアンで止血をした。飯沼の出血は止まり様態は安定した。

「医者は完璧ではない。まだまだ我々にはできないことがある」

佐伯は手術室を出ていく渡海にそう言った。

ブラックペアンは特殊のカーボン製であり、レントゲンには映らないし火葬されたら一緒に燃える特性のものだった。

役目を終えた…そう思った直後佐伯は倒れたのだった。

スポンサーリンク


佐伯の緊急手術を行われたが、心肺停止の危険な状態に。

佐伯は倒れた時、世良に「渡海、医者は患者のことだけを考え、救え…お前に全てを託す」と言った。

世良はそのことを電話で渡海に伝え、佐伯を助けて欲しいと訴える。するとその直後、渡海が現れ処置を始めた。

心停止が続く中、必死に「戻ってきて…!」と世良や看護師長が訴える。渡海も「戻ってこい…」と祈るようにつぶやきながら処置を行った。

そして、佐伯の心臓が再び動き出し、救われた。その頃、理事長選の開票が行われ、佐伯教授が選ばれたのだった。

翌日、目を覚ました佐伯は渡海に「私を恨むことで、腕を磨き続ける渡海の成長を見ていたたかった…」と言った。

すると渡海は「医者は患者のことだけ考えろ、ただ人を救え。尊敬する医者の言葉です」と言い佐伯の病室を出ていった。

渡海が病院を去るつもりであることに気付いた世良は引き止める。渡海は、世良に雑用を頼み自分の元から去ったところで「お前はいい医者になる」とつぶやき病院を出ていった。

その後、佐伯教授は理事長職を他の医師に任せ、後輩医師の育成に励んだ。西崎はあいからわずインパクトファクターに励んでいた。

また、佐伯が次々と巻き上げていた大金は医療過誤に苦しむ支援団体に全て支援していたことがわかった。

渡海が去ってから誰も渡海がどこで何をしているかわからなかった。しかし、支援団体に匿名で1000万の振込がされ、どこかで変わらず医師をしているようだった。

(おわり)

ブラックペアン最終回ネタバレあらすじ【感想】

いやー怒涛の最終回、泣けた泣けた…!

最終的に誰も悪者になっていないですし、いい終わり方だったと思います。ペアンの真実、そして最終的に和解した佐伯教授と渡海医師。

渡海医師が巻き上げていた大金も医療過誤に苦しむ支援団体に寄付されていたことがわかり、非常に後味の良い最高のドラマだったと思います。

もう渡海先生が見れないのか…と思うとかなり寂しいですが、まだ医師を続けているようですし、いつかまた特別編か何かで再び会えることを期待したいですね。

いずれにしても大満足のドラマでした!

スポンサーリンク


あなたには帰る家がある最終回ネタバレあらすじ感想 それぞれの家へ戻りハッピーエンド!

中谷美紀さん×玉木宏さん×木村多江さん×ユースケ・サンタマリアさんが出演する「あなたには帰る家がある」がついに最終回を迎えます!

前回第9話では、綾子と太郎の息子・慎吾が、太郎と血のつながりがなく、綾子の義兄の息子であることが判明!

それでも太郎は、自分の息子だと慎吾を育ててきたことが明らかになりました。

あれほど嫌な男だった太郎が、いつしかいい人キャラに‥!

さて、そんな太郎を見た真弓は綾子に、太郎と生きていくと宣言。そして今のところいいとこなしの秀明‥一体4人はどうなってしまうのでしょうか。

今回は「あなたには帰る家がある」最終回ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない人はご注意下さい。

スポンサーリンク


あなたには帰る家がある最終回ネタバレあらすじ【前半】

真弓は、太郎と慎吾、麗奈と4人で幸せになると宣言。

これが綾子を太郎の元に戻させる作戦であると気づいた綾子は食い下がらず、太郎をよろしくと言い秀明と一緒になると言い張った。

綾子を太郎の元に戻す作戦だったが圭介たちからは、本当に太郎から好かれたらどうするかと言われ動揺する真弓。

一方の秀明は綾子との不倫が職場でばれ、左遷されてしまう。綾子は秀明の部屋に住むようになり新しい生活を始めた。

しかし綾子の寂しさは埋まることはなかった。

太郎は真弓が本当に自分のことを好きだと勘違いしている様子。そして、太郎に言われるがまま真弓は慎吾、麗奈の4人で海に行くこととなってしまった。

真弓は綾子が働く食堂に行き、太郎に海に誘われたことを話す。一瞬動揺した綾子だが、負けじと秀明と仲良くやっていることを話す。

週末、太郎たちと海に行った真弓。太郎は真弓のズボラさに戸惑いつつも楽しくランチを始めた。するとそこに秀明と綾子が現れた。

綾子の姿に気づいた真弓は、太郎たちと楽しく過ごしている様子を見せつける。綾子は何も言わず秀明の手を取り帰っていった。

海を楽しんだ4人。帰り際、真弓は太郎が捨てた手帳を発見し衝撃を受けたのだった。

翌日、太郎は離婚届を出してくると慎吾に伝えた。すると真弓から連絡が入り、離婚届を出す前に寄りたいところがあると太郎を呼び出す。

そして太郎を連れて向かったのは、秀明が左遷された新しい職場だった。職場には綾子も訪れており、真弓は海で拾った太郎の手帳を見せた。

そこには、新しい部屋の間取り図がいくつも書かれていた。太郎は綾子が出ていった後も綾子が帰ってくる家を考え書き続けていた。

真弓は、太郎の愛し方間違っていたかもしれないが、結婚した時からずっと綾子のことを幸せにしてあげたいと思っていたのはぶれていない。

そんな人を手放していいのかと問いかけた。

しかし綾子は真弓の筋書きには乗らないと一人部屋を出ていった。真弓は綾子の後を追いかけ、秀明、太郎も後を追う。

しかし4人が乗りこんだエレベーターが停止してしまった。

スポンサーリンク


あなたには帰る家がある最終回ネタバレあらすじ【後半】

エレベーターに閉じ込められてしまった真弓たち。いつしか、なぜか秀明の悪口大会に発展。すると秀明は綾子の非常識な行動を責め立てる。

そんな秀明を太郎は綾子を責めるなと庇い、綾子の作った飯が食べたいと言った。しかし綾子は太郎を愛していないと言う。

太郎はそれでもいい、いつか一瞬でも自分のことを愛してくれたらそれでいいと言った。

そして秀明も、真弓に欠点があっても帰ってきたなと思うのは真弓のいる家だと言い帰りたいと言った。

すると真弓はもう秀明とは終わったと思っていたが、正直今でも秀明のことを思い出すと答え、綾子にも自分の帰る家をはっきり決めなさいと言った。

ようやく綾子は太郎の元に帰ることを決めた。

エレベーターが復旧し、無事に救出された4人。綾子は太郎に抱きつき、二人は一緒に帰っていった。

太郎と綾子は新築について考え始めた。これまで言いなりだった綾子だったが、立場は逆転し綾子にとって居心地のいい家となった。

真弓は、一定の距離を保ちながらも秀明と定期的に会っていた。二人がデートしていると、麗奈と慎吾がデートしている現場に遭遇。

もし麗奈と慎吾が結婚したら‥あのボケ茄子夫婦と親戚に‥!?考えると恐ろしくなる二人だった。

(おわり)

あなたには帰る家がある最終回ネタバレあらすじ【感想】

ついに最終回を迎えた「あなたには帰る家がある」

今週は玉木宏さんの結婚報道があったばかりなので、ちょっと違う目で見てしまいました。

一体この4人はどうなってしまうのか…?!と思っていましたが、それぞれの夫婦の元に帰るラストで締めくくられました。

真弓、秀明は一定の距離を保ちつつも良い関係を築き、太郎のモラハラっぷりはなくなり、綾子はすっかり一家の主的な存在に。

結果的に綾子が一番ハッピーエンドじゃん…!?と思いましたが、まぁ真弓たちもお互いの大切さに気づき、二人で新たな人生を歩みだしたようなのでよかったです。

不倫ドラマはラストの展開が難しいかと思いますが、すっきりした終わり方でよかったなーと思います。

スポンサーリンク


花のち晴れ10話ネタバレあらすじ感想 晴への想いが止まらない音!晴VS天馬の闘いが始まる!

杉咲花さんが主演を務めるドラマ「花のち晴れ」がついに最終章!

音を諦められない晴は、天馬と武道対決をすることに。一方、音はようやく晴への自分の思いに気づきます‥

正反対な二人なだけに、音がどちらにも惹かれる理由がわかりますね。

今回は「花のち晴れ」10話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


花のち晴れ10話ネタバレあらすじ【前半】

晴のことが好きな自分に気づいた音。しかし、晴がめぐみと順調なことや、天馬のこともあり晴への思いを封印する。そして天馬と向き合おうと改めて決意した。

しかし天馬から、今月末晴と武道で対決することを知らされる。音は、晴への思いに気づきつつも、天馬への気持ちでいっぱいにしようとしていた。

一方の晴はめぐみにやっぱり音のことが好きだと打ち明けた。そして天馬との武道対決をすることを報告し、もし自分が負けたら音への気持ちを断ち切る約束を父としていることを正直に告げる。

しかし、めぐみはもし負けたら自分にもチャンスがあると言い去っていった。

晴は武道対決に向け練習をするが、天馬に全く太刀打ちできるレベルではない。そんな晴を見たC5のメンバーは、醜態を晒す前に辞退しろと言う。

その頃、音は母から天馬の会社が事業拡大により、音の父を新部門の責任者に抜擢する方向で話し合いが進められ、再び3人で暮らせるようになると知らされる。

帰り道、晴が特訓する様子を見て複雑になる音だった。

翌日、音はC5から晴が武道対決に出場するのを止めるように言われる。しかし音はC5が誰も晴を応援してあげないことに腹を立て喝を入れる。

音の言葉に気付かされたC5のメンバーは晴の特訓を始めた。

さらに、晴の特別講師として西門総二郎が登場。好きな女のために賭けをするという大会に出場する理由を正直に話した晴を西門は気に入り特訓することとなった。

音は自分がこのまま天馬と一緒になれば全て丸く収まると信じ、音は晴への思いを封じ込めようと必死だった。

晴の父は、晴が天馬に勝てるはずがないと負けるのを前提で今回の勝負を持ちかけた。この試合で天馬に破れた後、海外に留学させる。

心が弱った晴の側にいてほしいとめぐみに頼んでいた。めぐみはどんなことがあろうとも晴の側を離れないと言った。

スポンサーリンク


花のち晴れ10話ネタバレあらすじ【後半】

対決に向け練習をする晴と天馬。すると弓道場にて晴と天馬が鉢合わせしてしまう。

音は上達している晴の姿をみて驚く。晴が劇的に進歩している様子を見た音は微笑むような眼差しで晴を見つめた。

そんな音の様子を愛莉は見逃さなかった。西門も、人生は一期一会、最後まで真っ直ぐな気持ちをぶつけていけとアドバイスした。

練習後、愛莉は音にやっぱり晴のことが好きなんでしょと問いかける。しかし音は、全部なかったことにして忘れてほしいと言い去って言った。

愛莉はどうしてこうなるの‥と一人腹を立てた。

自宅に帰った晴は、小林から父が厳しく育てられたことを知らされる。父は先代の期待に答えるべく、神楽木グループを世界企業に発展させた。

晴は今回のことは自分に与えられた課題だから乗り越えて見せる姿勢を見せた。小林は開運グッツをこっそり身に着け、独特な方法で晴の幸せを祈っていた。

音は、めぐみから今回の対決は音を賭けた対決だと知らされる。今回の対決で晴は負けたら音をきっぱり諦める約束をしている。

だから今回音は天馬を応援しなくてはいけないと言われ動揺する。

晴が必死に練習していたのは自分のためだと初めて知った音は胸が張り裂けそうになっていた。

天馬は音の気持ちが離れつつあることに気づいていた。天馬が不安になっているのを改めて気づいた音は自分を責め、昔の天馬に戻さなければと考えていた。

そして迎えた試合当日。

音は桃乃園学院の席に座った。

武道三種は3日間かけて行われる。最初に勝った方が勝ちとなる。

まずは柔道試合。会場に晴と天馬が現れた。音は天馬を応援すると自分に言い聞かせていた。

そして試合がスタート。まずは一本天馬が勝利。投げられた晴はその場に倒れ動けなくなってしまった。

(第10話おわり)

花のち晴れ10話ネタバレあらすじ【感想】

晴への気持ちを封印しようとする音。天馬のことや、家族のこともあるだけに晴への気持ちを封じ込めようとする音ですが、どうしても惹かれてしまっている様子。

どっちも正反対ながらも魅力的な男性からあれほどアプローチされたら、そりゃあ揺れますよね(笑)にしても音が羨ましい限り‥。

さて来週はついに最終回!

どっちを選んでも、どちらかが悲しい思いをしますし複雑ですね。晴も天馬も、どちらもいいキャラなだけに、なおさらです。

しかし、音は晴への気持ちが大きくなりつつあるようですし、やっぱり晴を選ぶのかなと思います。

最後まで見逃さないようにしたいと思います。

スポンサーリンク


ブラックペアン9話ネタバレあらすじ感想 渡海,佐伯を救うが因縁の対決始まる!

二宮和也さんのダークヒーローっぷりが話題の「ブラックペアン」

前回第8話では‥

東城大を利用し、カエサルの手術を行おうとした西崎教授。しかし、手術で予期せぬ事態に発展し、渡海が現れいつものように大金と引き換えにもみ消してやると登場!

しかし、その直後佐伯教授が現れ渡海をどかし見事な術さばきをみせ無事に手術を成功させます。

佐伯教授の凄さを改めて感じ盛大な拍手が送られましたが、その直後佐伯教授が倒れてしまいます‥!

さらに渡海がずっと持っていたペアンが胸に刺さったレントゲン写真の患者が「イイヌマタツジ」という患者であることがわかり、佐伯教授がこっそり別の病院で診続けていることが判明。

益々盛り上がりを見せる「ブラックペアン」

今回は第9話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ブラックペアン9話ネタバレあらすじ【前半】

佐伯教授が倒れ緊急手術が行われた。なんとか一命は取り留めたものの、心臓に難しい疾患が見つかり、東城大でこの手術ができるのは渡海しかいない。

しかし、渡海はさくら総合病院に向かっていた。やがて、渡海は飯沼達次の部屋を突き止めるものの、病室には誰もいなかった。

佐伯教授は意識を失う直前、看護師長に飯沼を退院させるように指示を出していたのだった。

東城大に戻った渡海は、佐伯の手術をすると申し出るが、佐伯は断りカエサルで手術をするように指示をする。

黒崎が執刀医として、カエサルによる佐伯教授の手術を行うことになり準備を始める。しかし西崎の指示によりこれまでのカエサルのデータが持ち去られ、黒崎たちは苦戦。

渡海は、佐伯にカエサルの手術は間違いなく失敗すると言う。しかし佐伯は渡海の手術を拒み続けた。

一方の高階はカエサルのデータを貸して欲しいと西崎に頭を下げる。しかし西崎は他の者にカエサルの論文を書かせており、高階は利用されていたことに気づいた。

怒りを露わにした高階は西崎に「それでも医者か!」と言い放つが、西崎は高階を突き放した。

東城大に戻った高階は黒崎から手術を手伝って欲しいと頼まれる。佐伯教授が生きてくれてさえくれれば、帝華大の実績になっても構わない覚悟で申し出た。

高階も手術を協力することを近い、東城大の医師や看護師たちは協力し世界各国から症例を探し続け、何度もシュミレショーンを行った。

その頃、世良は渡海の部屋から、ペアンが刺さったCT画像を見つけてしまう。その患者の名前は「飯沼達次」そして執刀医は「渡海一郎」と書かれていた。

渡海一郎は、渡海医師の父だった。

するとそこに渡海と言い争いになっていた黒崎が現れペアンの画像を見てしまう。黒崎は激怒し、画像を持っていた渡海に手術は手伝わないでいいと部屋から出ていくように言った。

黒崎は、世良と花房に渡海一郎について話し始めた。

渡海の父・一郎は優秀な医師だった。しかし当時の教授と折り合いが悪かった。そんな中渡海一郎は飯沼達次の手術行なった。

飯沼達次の手術は至って簡単だったが、飯沼の胸にペアンが残されているレントゲン写真を黒崎は偶然見てしまった。

やがて飯沼の手術は医療ミスとされ一郎は東城大を追われた。

その後、佐伯教授が息子を不憫に思い自分の教授室に招き入れた。教授になるはずだった一郎が追い出され、その後佐伯が教授に就任した。

黒崎は、渡海が佐伯を逆恨みしていると今回の手術には関わらないよう言った。

スポンサーリンク


ブラックペアン9話ネタバレあらすじ【後半】

一方、カエサルの論文は日本外科ジャーナル編集長・池永に提出される。そのことを知った渡海は、世良を使って、カエサルの症例を聞き出すように指示。

一度は拒否され激怒されるものの、世良は必死に訴えた。世良の訴えに池永も心を動かされ、協力することを約束した。

池永から提供された症例をもとに、黒崎たちは佐伯教授の手術のプランを考案した。プランを佐伯教授にも確認してもらった直後、佐伯は心筋梗塞を発症し、手術が行われることになった。

十分なシュミレーションを行う間も無く手術が始まり苦戦する医師たち。高階によるカエサルの操作が行われたが、これ以上の手術は不可能となった。

佐伯教授を助けられない‥

全員が失意にどん底に落とされる中、黒崎はなんでもいいから教授を助けて欲しいと声をあげた。するとその直後、カエサルが自動で動き始めた。

オペ室への入室を禁止された渡海が、医局内にある別のカエサルを使って高階に指示をしながら手術を始めた。

幾度となく危機にぶち当たりながらも、渡海の指示により無事に手術を終えたのだった。

やがて目を覚ました佐伯は、生き延びたからにはやるべきことがあると言った。

その後、日本外科ジャーナルが発行された。カエサルの論文には、高階の名前が記載された。実は今回、佐伯教授が手術の様子を撮影させており、その様子を池永に送ったのだった。

渡海がカエサルを使うことも予測していた。

渡海は佐伯に飯沼達次がどこにいるのかと聞いた。しかし、佐伯はそれだけは言えないと答えた。その頃、花房はとある患者の担当を頼まれていた。

その患者は飯沼達次だった。

ブラックペアンを使えるのは世界に一人だけ。今の渡海に譲るわけにはいかないと佐伯が言うと、渡海は奪い取ると言った。

そして、何かをつぶやいた。

(9話おわり)

ブラックペアン9話ネタバレあらすじ【感想】

佐伯教授が倒れてしまい、カエサルによる手術が行われることが決まるものの、過去のデータを西崎が奪い去っており、ピンチに陥る東城大チーム。

本当、西崎教授にイライラしつつも、最終的には渡海がまさかの遠隔操作で、高階と共に佐伯を救うという展開に。

なんとなく今回も渡海先生が佐伯教授を救うんだろうな‥とは予測できたものの、まさかの遠隔操作での手術にビックリ。いやー、渡海先生過激ですがやっぱりかっこいい‥!

しかし、渡海は佐伯教授を純粋な気持ちで助けたいというよりは、飯沼達次について真実を暴くまでは死なせられないというところも渡海先生らしい感じがします。

さて、来週はついに最終回!一体どんなラストを迎えるのか。絶対に見逃さないようにしたいと思います。

スポンサーリンク


Missデビル最終回ネタバレあらすじ感想 眞子父,真相が明かされる!清々しいラストにスッキリ!

菜々緒さんが主演を務めるドラマ「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」がついに最終回を迎えます。

前回第9話では、ついに眞子がホテルアックスの支配人の娘であることを認め、大沢社長も偽装工作を行ったことを認めました。

さらに、博史の父とも何やら関係がありそうです‥

詳しい前回第9話ネタバレあらすじはこちら。

Missデビル9話ネタバレあらすじ感想 眞子ホテルアックス支配人の娘だった!大沢も偽装工作を認める!

一体どんなラストとなるのでしょうか。今回は「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」最終回のネタバレあらすじと感想についてまとめました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


Missデビル最終回ネタバレあらすじ【前半】

偽装工作を認めた大沢。保険金を支払わなくて済むという誘惑にあがらえなかったと言うが、あれから16年も経っている。今更誰も罰することはできないと言った。

大沢の発言を聞いた博史は反論。

眞子はホテルアックスの偽装写真を引き換えに、アメリカに逃げようとする大沢に父の行方を教えて欲しいと持ちかけた。

眞子の父は、火災事件があり行方不明になっていた。

大沢は、16年前、偽装を問い詰められた縣は、眞子の父の命を奪いホテルの跡地に埋めたことを伝えた。

眞子はホテルの跡地へと向かい、石碑のある場所を掘り起こした。博史も一緒に向かい、眞子と一緒に父の遺体を探した。

眞子は「お父さん‥どこにいるの‥」と泣きながら必死に堀り続けた。しかし、眞子の父の遺体は見つからなかった。悪魔のような眞子が取り乱す様子を初めて見た博史は混乱した。

一方、病院に運ばれた会長が意識を取り戻した。しかし、退職者希望者が続出。

共亜火災の株は大暴落し、投資会社グッドマンキャピタルの曽我部が投資の申し出をするが、眞子は曽我部は信用ならないと千紘に忠告。

そんな中、会長の秘書から千紘に母と会長が別れた理由を知らされた。

千紘は、会長が自分と母を捨てたと思っていた。しかし、本当はそうではなかった。会長はその時部長になれるかどうか大事な時だった。

そのため千紘の母は、悪い噂が立ってはいけないと身を引いたのだった。

会長は、千紘の母は聡明でとても素敵な女性だったと伝えた。千紘は、本当のことが知れてよかったと笑顔を見せた。

しかし、16年前のホテルアックスの偽装工作の件が週刊誌にすっぱ抜かれてしまった。

後日、帰宅した大沢に接触した眞子。大沢が週刊誌にネタを売ったことを問い詰める。眞子は大沢が何をしようとしているのかようやくわかり始めていた。

一方、博史は父から呼び出され全てを打ち明けられてていた。

大沢と博史の父・修とは親友だった。大沢はホテルアックスのことを、修に打ち明けた。しかし、秘密を共有した修は博史が共亜火災に入社したことにより、秘密を隠し通すことに追い詰められるようになっていた。

大沢社長からの電話を立ち聞きした母は、縣のやったことが修を苦しめていることを知り、母は縣に脅迫状を送った。

博史の両親は警察に行き全てを話したという。父は息子のために、母は夫のために‥全ては家族を守ろうとした両親の愛であったことを知った。

スポンサーリンク


Missデビル最終回ネタバレあらすじ【後半】

眞子は会長の病室を訪れ、父のことを話し始めた。

眞子の父は仕事熱心で、眞子を大事にしてくれたという。眞子も父が大好きだった。アップルパイを作ってくれ、手先が器用であやとりで遊んでくれた。

父はホテルアックスの仕事を楽しんでやっていたようだった。失ったことだけを見て、不幸と断定するのはあまりにも父に失礼すぎる。

眞子はそう会長に話した。

会長は涙を流しながら「ありがとう」と言った。

会長は、共亜火災は幸せの職場になれますかねと問いかけた。すると博史は今の仕事が、共亜火災が好きで、生まれ変わっても今と同じ仕事できたら幸せだと言った。

こんな好きな仕事だから、いい仕事をする、いい会社であってほしいと言った。

眞子は会長の病室を出ていった。会長は、千紘がこの後どうこの事件のことを処理しようとも千紘の味方だと言った。

そして千紘はホテルアックスの件について全てをマスコミの前で話すことを決意。しかし、グッドマンキャピタルの曽我部が阻止しようとする。千紘を守ろうとした博史はあっけなく抱きかかえられてしまい、そこに眞子が現れ、博史を救出。

千紘の手を無理やり引き、会見を邪魔しようとする曽我部に眞子は回し蹴りをして撃退。千紘は記者会見の会場に向かい、全てを話そうとした。

すると大沢が現れ、全て自分の判断でやったことだと話し始めた。そして会見後、ニューヨークの企業との業務提携の契約書を渡した。

これで傾いた共亜火災を守ることができる。そして、大沢は改めて眞子の元に行き謝罪した。

眞子は、会社を守るために偽装を行った大沢を恨んでいないと言った。

縣は、偽装工作をネタに大沢を脅し始めた。その様子を見た本橋が大沢を守るために、縣を殴って命を奪ってしまった。そして、大沢は本橋と一緒に縣の遺体を埋めた。

本橋は大沢を尊敬しすぎた結果の行動だった。

大沢は全ての罪を認め、共亜火災を去っていった。その後、共亜火災は規模を縮小し営業を続けることとなった。

その後、千紘は社長に就任。会長の元には眞子から父の日のお祝いとしてアップルパイが送られた。

後日、博史の前に眞子が現れた。眞子は父をこれからも探し続けると言った。そして博史にも自分の人生を見つけてほしいと言った。

できるでしょうか‥?と弱気になる博史。

しかし眞子は、博史の欠点を言いまくった後、大丈夫と言い去っていった。

(おわり)

Missデビル最終回ネタバレあらすじ【感想】

ついに終わってしまいました‥(泣)

ダークヒーロー的な椿眞子と、純粋無垢な博史のコンビが最高によかった!

眞子の父の命を奪ったのは偽装工作を行った縣であり、大沢を脅し始めた縣を秘書の本橋がとっさに命を奪ったということだったんですね。

眞子が会長に父のことを話すシーンから、もしかして眞子の父は会長なのか!?と思いきや、そうではない様子。

でも最後、アップルパイを送ったところなんか、やっぱり会長と眞子は親子なのかな‥と匂わせるようなシーンがありましたが、眞子が父を探し続けるといったといころからも、やはり親子ではない‥?

ちょっとすっきりしない感じはありましたが、おそらく違うのかなと‥。

いずれにしても、最終的にはハッピーエンドな感じで終わったのでよかったかなと思います。

スポンサーリンク


あなたには帰る家がある10話ネタバレあらすじ感想 慎吾,太郎の子供ではなかった!太郎の男気あふれる姿に感動!

中谷美紀さんが主演を務める大人向けのドラマ「あなたには帰る家がある」

秀明と離婚し新たな生活を始めた真弓でしたが、未だすっきりせずなんだかんだ綾子に振り回される日々‥。

綾子は、秀明からはっきりと振られてもめげることなく秀明を諦められない様子。一方、太郎も、何か綾子の秘密を握っている様子‥。

前回第9話詳しいネタバレあらすじはこちら。

あなたには帰る家がある9話ネタバレあらすじ感想 慎吾,太郎の息子ではない?綾子の過去が少しずつ明かされていく

今回は「あなたには帰る家がある」10話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


あなたには帰る家がある10話ネタバレあらすじ【前半】

真弓に改めて告白した圭介。真弓は今すぐには答え出せないけど、考えてみると前向きに返事をした。

圭介、秀明、太郎‥(?)離婚後、真弓はモテ期を迎えていた。

太郎と真弓が誕生日に夕食を一緒に取っていたところを見た秀明は二人ができていると勘違いし不安になっていた。

秀明は太郎と真弓の関係を気にし、圭介に話すが否定され安心する。しかしその直後圭介の店に真弓と太郎が現れる。

仲よさげに食事する二人を見て動揺する秀明と圭介。真弓は麗奈が産まれてから、誰かとこんな風に話すこともなかったと楽しさを感じていた。

話しが盛り上がり、太郎としっくりくる‥と思った真弓だったがふと我にかえりやっぱりない!と思う真弓だった。

翌日、麗奈が学校に登校しておらず行方がわからなくなり、不安になる真弓。もしかして綾子の仕業なのではないかと勘ぐった真弓は綾子の元に向かい問い詰める。

すると麗奈から、慎吾と栃木に向かっていると連絡が入る。栃木は綾子の実家であり、成り行きで真弓は綾子と栃木に向かうことになってしまった。

その頃、麗奈と慎吾が栃木に向かったと知った秀明も太郎と一緒に車で向かっていた。

スポンサーリンク


あなたには帰る家がある10話ネタバレあらすじ【後半】

慎吾が先に祖母の葬儀場に到着。綾子が慎吾を連れてきたと勘違いした姉・咲子は綾子に怒りをぶつけ、いきなり綾子の頬を殴った。

綾子はその場から去り、後を追う真弓。

慎吾とすれ違い、居場所がわからない綾子。実は綾子は慎吾を実家に一度も連れてきたことがなかった。心当たりのある場所に向かう途中、太郎と秀明に遭遇。

そして、慎吾を見つけた真弓たち。太郎は人様の娘を連れ出すなんて‥と慎吾を怒鳴る。しかし慎吾は、自分が太郎の息子ではないことを祖母からずっと聞かされていたと言った。

慎吾は綾子に向かってちゃんと教えて欲しいと言う。綾子は、自分の姉・咲子の旦那との間にできた子供であることを告白した。

初めて会った時から義兄にあこがれていた。結婚式の前に気持ちを伝えたくなり、打ち明けると義兄も綾子を受け入れ、やがて妊娠が発覚した。

その後、両親が綾子にお見合いの話しを持ってきた。

その中から、一番女性に縁のない人、そして家族の幸せを一番に考えてくれそうな人を選んだ。

それが太郎だった。

綾子は、太郎を利用したことになってしまったが、あの家で慎吾を育てたことは幸せだったと伝えた。

そして、「あなたの帰る家はお母さんのところ‥」と滞在先のホテルの連絡先を渡し去っていった。

その後、綾子は母のお通夜に出席。すると太郎と慎吾も現れ、お焼香をあげた。太郎は、義兄と咲子に頭を下げ、隣にいた慎吾を大事な息子だと紹介した。

スポンサーリンク


ホテルに戻った太郎一家。すると太郎はサインした離婚届を綾子に渡した。そして慎吾にもどっちと暮らすかは自分で選べと言い一人去っていった。

慎吾は太郎を追いかけ「父さんと暮らす!」と言った。その様子を見た真弓は太郎を追いかけた。

太郎は真弓に綾子とのことを話し始めた。

太郎は綾子が初めて付き合った女性だった。綾子と見合いし、こんなきれいな女性がいるんだ‥と驚いたという。

初めて会った時、もう2回目はないだろうと思っていたが、綾子から再び会いたいと言われ、子供のことを聞き全てを受け入れ結婚した。

結婚した時、綾子は別の男の子供を身ごもっていたが、そんなのはどうでもよかった。自分が育てた子供であれば、血のつながりがなくても自分の息子には変わりない。

太郎は家族を、そして綾子を愛していた。綾子を幸せにしてあげたかっただけだった。そう言って太郎は泣き崩れた。

するとそこに綾子が現れた。綾子を見かけた真弓は、太郎のおでこにキスをした。

そして綾子の方を見て「この人はあんたにはもったいない。私が幸せにする。」と言い、太郎、慎吾、麗奈と4人で幸せになると宣言した。

(第10話おわり)

あなたには帰る家がある10話ネタバレあらすじ【感想】

なんだか、いつの間にか太郎がいい人キャラになっており、太郎がお葬式にて慎吾を自分の息子だと紹介するシーンに感動‥!

まさか茄子坊に感動させられるとは(笑)

そして慎吾の本当の父の正体を知ってビックリ!!

綾子やっぱり魔性の女ですね‥。人のものが欲しくなってしまう性分なのでしょうか‥。

慎吾が義兄の息子とは衝撃的な事実が判明しましたが、太郎は全てを受け入れ綾子と結婚したんですね。

ちょっと愛情表現が歪んでいただけで、綾子のことを本当に愛していたことがひしひしと伝わり再び涙‥。

さて、ラストで真弓は太郎と一緒に生きていくと綾子に宣言。綾子に再び太郎の元に戻らせるような真弓の作戦のような気もしますが‥。

一体どんな最終回を迎えるのでしょうか。終わってしまうのが悲しいですが、最終回見逃さないようにしたいと思います。

スポンサーリンク


シグナル最終回ネタバレあらすじ感想 大山生きている未来に変わりハッピーエンド!

坂口健太郎さんが主演を務めるドラマ「シグナル」がついに最終回を迎えます!

白骨化した遺体で発見された大山刑事の謎、三枝兄・亮太の命を奪った黒幕がついに明らかとなります!

そして、過去を生きる大山刑事と三枝が無線を使って交信していることを知った桜井刑事‥。

一体どんなラストを迎えるのか。

前回第9話ネタバレあらすじはこちら。

シグナル9話ネタバレあらすじ&感想 三枝,大山の知られざる接点に涙!三枝兄,他殺で真犯人は中本?

今回は「シグナル」最終回ネタバレあらすじと感想についてまとめました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


シグナル最終回ネタバレあらすじ【前半】

三枝が大山と無線機で交信しているのを目の前で見て動揺する桜井。しかし、三枝は岩田係長殺人容疑で逮捕されそうになり、三枝はその場から逃げ出した。

2000年3月20日。

大山に証拠を持っていると連絡した三枝の兄・亮太の元に中本が訪れていた。中本は大山が忙しいため代わりに来たと言い、事件の真相について亮太に問いかけた。

亮太は、奈々を襲った真犯人は小川都市開発の息子であり、その証拠品として当時犯行現場で録音されていたテープを見せた。

亮太は真犯人を捕まえてほしい、そうすれば弟を呼び戻して、母も一緒に3人で暮らすことができると、家族のために何があっても諦めないと言った。

そのことを聞いた中本は、亮太が席を外したスキに亮太が飲んでいたお茶に睡眠薬を入れた。そして、亮太が意識を失っている間、自殺に見せかけ手首を切り、証拠品のカセットテープを持ち出した。

その後、亮太は病院に運ばれ亡くなった。

大山は中本刑事を犯人だと気づき問い詰める。しかし、中本は認めず大山は駆けつけた他の刑事に連れて行かれた。

その夜、無線が再び動き出し交信を始めた大山は、亮太を救うことはできなかったことを泣きながら伝えた。

「先輩‥?大山先輩なんですか‥?」

無線の向こう側は三枝ではなく2018年の桜井だった。

「18年も待ったんです‥今週末に解決する。そしたらゆっくり話そう」と言ってくれたことを伝え、それなのに遺体で発見されたことを伝えた。

そして4月15日、谷原記念病院に行ってはいけないと言ったところで、無線は切れてしまった。

一方、三枝は全ての事件の黒幕は中本であることを突き止めた。岩田には病気の娘がおり、そのことをネタに揺すられていた。

そして岡本という裏社会の男を使い、大山刑事、そして岩田係長の命も奪った可能性がある。

そのため岡本を捕まえれば、中本の悪事を暴くことができ、大山が亡くなるという未来も変えることができるかもしれない。

2000年3月21日。

大山は現場に残されていた指紋と、中本の指紋が一致しないか隠れてDNA鑑定を依頼し真相を突き止めようとしていた。

一方、2018年の三枝は岡本に接触。

岡本は、大山が全てを暴こうとしたから命を奪われたと言い、岩田係長が撃ったことを話した。

余計なことをしなければ命は奪われなかったのに‥そう言う岡本の言葉に、三枝は自分が兄を助けて下さいと訴えたためだ‥と自分を責めた。

するとそこに1台の車が現れ、三枝たちに銃を向けた。岡本は撃たれその場で即死。男たちを捕らえようとした桜井に銃が向けられ、庇おうとした三枝が撃たれてしまった。

スポンサーリンク


シグナル最終回ネタバレあらすじ【後半】

2000年4月15日(大山が亡くなる日)

大山は桜井に必ず戻るから、週末にゆっくり話そうと言い残し「谷原記念病院」に向かった。

大山は、三枝にそのことを無線で問いかける。しかし無線の向こう側から聞こえたのは「あなた誰ですか?」という大山刑事を知らない声だった。

すると次の瞬間、大山は撃たれ、とある倉庫に拉致された。岩田はこれ以上探っても何も変わらない、捜査を止めるように大山に言う。

しかし大山は、中本が亮太を自殺に見せかけて命を奪ったことを岩田に伝えた。何も知らなかった岩田は動揺した。

するとそこに中本が現れ、大山がこっそり出していたDNA鑑定の結果を入手していた。そしてこの件から手を引けば命は助けると言った。

しかし大山は「断る」と言った。

中本は、岡本を使って大山の命を奪おうとするが岩田は止めようとする。しかし岡本はナイフで大山に襲いかかった。

大山はこっそり、繋がれているロープを外し、岡本の攻撃を受けながらも一人その場から逃げ出した。

すると中本は、岩田に娘のことを持ち出し、大山を始末するように命じた。

2018年、三枝は救急車で運ばれていた。桜井は、苦しむ三枝に大山刑事に谷原記念病院に行かないように伝えたと言った。

その頃、瀕死の状態ながらも逃げ出す大山は、桜井と無線で話した言葉を思い出していた。18年も待たせていたこと、ここで自分が命を落としたら、亮太の事件も未解決になってしまう。

するとそこに岩田が現れ、大山に銃を向ける。

11時23分、大山が亡くなった時間。彼は死に直面しても最後まで諦めなかった。だから無線を通じて三枝にメッセージを送り続けたのだった。

2018年の三枝は救急車の中で思いながら、心肺停止の状態となった。

2000年、大山に向け銃を発砲しようとした岩田。すると、他の刑事が現れ岩田を阻止したのだった。

大山は事前に仲間に伝えており、大山の命は救われた。そして駆けつけた桜井を抱きしめ「ありがとう」とお礼を言った。

スポンサーリンク


三枝は自宅のベッドで目を覚ました。

2000年、事件後大山は亮太の無実を伝えに三枝家を訪れ、亮太を助けられなかったことを謝った。子供だった健人は兄の無実を晴らしてくれた大山にお礼を言った。

やがて綾香ちゃん事件の犯人・吉本も逮捕されたことになった。三枝は記憶が変わったことに気づき、署に向かった。

しかし、特別班が結成される前に時が戻っており、無線機も手元にはなかった。

さらに中本、大山も行方不明のままになっていた。

自宅に帰った三枝は、母が大山から預かっている書類を持っていることを知った。

大山は中本が持っていた汚職や数々の犯罪の隠蔽データのフロッピーディスクを三枝家に預けていた。

大山は、自分が生きる時代は信じれる者がいないと、未来の三枝が見て解決してくれるだろうと託していたのだった。

三枝は、大山刑事の行方を追っている桜井の元へと向かった。周りの記憶や状況は変わっていたが、桜井は三枝のことを覚えていた。

大山の遺体は見つかっていないことになったが、大山刑事は失踪したままになっていた。

2000年、大山が行方不明になった後、署に無言電話があった。その無言電話の逆探知機を元に海辺の近くの街で、桜井は大山がいるのではないかと探し続けていた。

最初から信じたいことばかりが起きていた。しかし、無線越しに大山刑事が教えてくれた。

「諦めなければ未来は変わる。諦めなければ希望はある」

桜井と三枝は大山の行方を探した。その頃、大山はとある病室にいた。そして側に置かれていた無線機が動き始めたのだった。

(おわり)

シグナル最終回ネタバレあらすじ【感想】

ついにシグナル最終回を迎えました(泣)

桜井刑事が「谷原記念病院に行かないで‥」と無線で訴えたことにより、大山刑事が亡くなるという未来が変わります。

自分が亡くなり桜井を18年も待たせてしまった事実を知った大山は絶対にここで命を落としてはいけないと事前に同僚に伝えて対策をしていたんですね。

大山が桜井を抱きしめ「ありがとう」と伝えたのは、桜井の言葉によって救われたことへのお礼だったのでしょう。

話しがかなり複雑なので、結構混乱してしまうところも多々ありましたが、全ての伏線が回収されていく様は見事でした。

ラスト少しすっきりしない終わり方のように思いましたが、大山刑事は生きていて、どこかの病院でこっそり生き延びているようですね。

そして、その後大山刑事を見つけ出し三枝、桜井と再会するのでしょう。いずれにしても大山刑事も三枝刑事、桜井刑事も生きていてよかった‥!

このドラマ原作は韓国で放送されたドラマ「シグナル」ですが、最終回の部分韓国版ではもう少し詳しく描かれています。

そして、この韓国原作ドラマがめちゃくちゃおもしろいんです。高視聴率により、続編も決まっているそうです。

韓国版では16話ありますので、日本版ではドラマ化されていなかった事件もありますし、最後も時計屋を営むお父さんがキーポイントになっていたりと‥。

原作版の方が、非常に細かく作り込まれているので、日本版とは全然違った面白さがありますし、何よりも大山刑事を演じている役者さんがもの凄く最高なんです!

日本版ではシリアスな部分多かったですが、韓国版ではぷっと笑えるようなシーンや、涙なしには見れないシーンなど‥話しの大筋こそは同じものの、細かい部分は違っていたりして、日本版よりもドキドキ・ハラハラ、警察内部の醜さに苛立ち、悲しみ、時に感動し、胸キュンしたり‥

こんな感情を大きく揺さぶられる作品は久々!というくらい韓国版は夢中で見てしまいました。

特に日本版で最初の方に登場した大山が気にかけていた少女・みどりが亡くなってしまいますが、原作韓国版では大山が片思いしていた(後に両思いだったことが判明)女性が被害にあってしまうんです。

ぶっきらぼうながらも、事件前に彼女に思いを伝えようとする大山刑事が可愛くて、また女性の方も大山刑事を映画に誘いたいけど誘えなくて‥という二人のシーンに最高にキュン!

しかしその女性は亡くなってしまい、その後、彼女が大山刑事と行きたいとこっそり持っていた映画のチケットを彼女の母から渡され、一人映画館に行きコメディの映画なのに、号泣しながら一人映画を見る大山の姿に号泣‥。

そういった日本版とはちょっと違ったシーンや話しも盛り込まれているので、原作版を見ていない方は絶対に見ることをおすすめします!

日本版の最終回では時間が足りなかったのか、韓国原作版の最終回で描かれた大山のその後の部分も大きくカットされていたので、少し強引な終わり方にも感じましたね。

気になる方は韓国原作版を見ることをおすすめします。

スポンサーリンク


ブラックペアン8話ネタバレあらすじ感想 佐伯倒れる!渡海追うペアンCT患者が明らかに‥

二宮和也さんがオペ室の悪魔を演じ話題になっている医療ドラマ「ブラックペアン」

一度は東城大を離れた渡海医師ですが、再び戻ってくることに。

前回第7話では、治験コーディネーターの木下の意外な過去が明らかとなり、院長が不正を働くという東城大の闇が渡海によって暴かれました。

詳しい前回第8話はこちら。

Missデビル8話ネタバレあらすじ&感想 眞子と博史は異母兄弟!?千紘と会長が親子であることが判明!ブラックペアン7話ネタバレあらすじ&感想 木下の悲しい過去‥東城大の新たな闇が暴かれていく!

今回は「ブラックペアン」第8話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

スポンサーリンク


ブラックペアン8話ネタバレあらすじ【前半】

カエサルの治験も最終段階に入り、帝華大の西崎は日本外科ジャーナルの編集長・池永を引き連れ、カエサルのお披露目をしてほしいと申し出てきた。

西崎は帝華大主導でやりたいと言い、佐伯教授は西崎を執刀医として指名した。

そんな中、佐伯は手術中にメスを落としてしまう。手術を見守っていた医師たちは動揺するが、看護師長・藤原が、自分のミスだと佐伯をフォローした。

手術が終わりオペ室から出てきた佐伯。渡海はなにか言いたげだったが何も言わなかった。

カエサルの合同手術のチームが結成され、帝華大のチームが東城大へとやってくる。渡海は自ら立候補し、合同チームの一員となる。

やがて手術のシュミレーションが行われ、渡海は積極的に西崎のサポートをする。無事にシュミレーションが終わり、西崎は妙に積極的な渡海を怪しむように声を掛ける。

西崎は、先日渡海が帝華大にいた時「イイヌマタツジ」という患者が入院していないか、調べていたことを指摘。

しかし渡海はしらばっくれ、その場から去っていった。

最近、佐伯教授は外出が多く、佐伯の図らいにより、小林という若い患者が入院してきた。渡海は佐伯教授がどこに外出しているのか世良に尾行するように指示した。

世良と花房が尾行すると佐伯はさくら総合病院に入っていくのを目撃。さらに検査室に行ったことを知り、何か病気なのか‥と考える世良と花房だった。

スポンサーリンク


ブラックペアン8話ネタバレあらすじ【後半】

やがて、西崎執刀のカエサル手術日。オペの前に佐伯教授の挨拶があるものの佐伯の姿が見当たらない。

さらに東城大にさくら総合病院の院長が現れ、実は手術を受けるのは佐伯教授の患者・小林に変更されていることが明らかになる。

佐伯教授のオペを受けるはずの小林が横取りされ、激怒する東城大の医師たち。高階もこのことを知らず、責められるが、渡海が手配したものであることが判明。

そして手術が始まった。

手術の様子は大々的に中継され、現れなかった佐伯の代わりに西崎が挨拶をする。すると西崎は佐伯は心臓に重い病気を抱えていると報告。

さらに西崎は渡海に邪魔されるのを恐れ、自身で用意した帝華大の手術チームに急遽変更し、東城大側の手術チーム、さらに高階までも手術室から追い出したのだった。

高階は全て渡海が仕組んだものだと気づき、渡海に佐伯教授の心臓のことや患者のことなど全て話したのかと問い詰めた。

渡海は佐伯を倒すためだと言った。

そして手術が始まった。しかし、チームワークがうまくいかず、患者の様態が急変。西崎が焦る中、現れたのは渡海率いる東城大のチームだった。

渡海は西崎に「あんたの失敗もみ消してやるよ」と言い放ち、手術を始めようとした。するとそこに、佐伯が現れる。

佐伯は合同の手術であるため、西崎の代わりに自分がやると渡海に「邪魔」と言い、渡海の代わりに手術を始めた。

佐伯はものすごいスピードで手術を行い、その腕に誰もが圧倒された。こうして手術は無事に終了し、誰もがその手術に感激した。

手術後、佐伯は渡海に「これが私のブラックペアンだ」と言い手術室から去っていった。西崎は、助手のせいだと部下たちにクビを言い渡した。

手術を終え、拍手で佐伯を出迎える医師たち。しかし佐伯はその場に倒れてしまった。

その頃、渡海はさくら病院の院長・小林を責めていた。東城大には知られたくない患者がいる。その患者を佐伯は今日もギリギリまで診てたのだろうと指摘。

その患者の名前は‥「イイヌマタツジ‥」

小林は患者の名前を言った。

すると渡海に佐伯が倒れたと知らされる。渡海は不気味な笑みを浮かべながら佐伯の元へと向かった。

(第8話おわり)

ブラックペアン8話ネタバレあらすじ【感想】

今週も最高にヒリヒリした1時間‥!

渡海先生の最後「言えよ!!」と追い詰めるシーンが迫力ありすぎ。また、東城大のメンバーが手術室に現れるシーンが最高にかっこよかったですね。

西崎の陰湿さにイライラしましたが、まさかの佐伯教授が現れ無事に手術は成功。

渡海の思惑通りにはならなかったようですが、佐伯教授のヒーローっぷりも最高でした。しかし、佐伯教授倒れてしまいます‥。やっぱり心臓病なのかなぁ‥。

また、渡海が「イイヌマタツジ」という患者の行方を追っているのが明らかになりました。あのCT画像の患者さんであり、渡海の父、佐伯教授が関係しているのでしょう。

おそらく、佐伯教授の手術ミス?か何かがあり、渡海の父がそれを知り、イイヌマタツジを救おうとするものの、患者の命は優先されず、渡海の父が東城大を追われた‥というシナリオのような気もします。

さて、ブラックペアンも残り2話。最後まで見逃さないようしたいと思います。

スポンサーリンク