小林麻央葬儀告別式はいつ?日程&場所,お別れ会は青山葬儀所が濃厚で一般弔問も?

6月22日、乳がんと闘い続けた小林麻央さんが亡くなられ日本中に悲しみが広がっています。

最愛の妻を亡くした夫の海老蔵さんは、辛いのを堪えながら懸命に舞台に立ち続け、お子さんたちを気遣う姿には心打たれるものがありますね。

麻央さんが闘病中に立ち上げたブログKOKORO.には多くの人が励まされ、麻央さんの生き方には人々の心に残るものであったと思います。

そんな多くの人に愛された小林麻央さん、告別式や葬儀、お別れ会などはあるのか、日程や場所も合わせて調べてみました。

小林麻央さん葬儀,告別式はいつ?日程は25日以降か

一般的には、亡くなられた当日には納棺し、翌日には通夜、翌々日に葬儀・告別式、火葬が行われます。

麻央さんは22日に亡くなられたため、一般的な例であれば23日に通夜、そして24日に葬儀、告別式となります。

しかし、海老蔵さんは現在舞台の真っ最中であり、6月25日まで「ABKAI2017」の公演があります。

舞台は昼・夜と2回公演でめまぐるしいスケジュールですし、25日以降に行われることと思いますが、詳しい日程についてはまだ未定と言われています。

スポンサーリンク


父である団十郎さんが亡くなられたときは家族だけで密葬で行われました。

麻央さんの場合も、報道陣が殺到することが予想されますし、近親者だけで執り行う意向を示しているそうです。

現在は、代々木・新宿あたりのマンションに住まわれているようですが、目黒区・青葉台の実家にて父・団十郎さんの時と同じように密葬という形で行われるのではないでしょうか。

麻央さんの訃報を知り、応援されてきた方々は一般弔問されたいという方も多いかと思います。

しかし、今のところ近親者で行われるため一般弔問は受け付けない意向とのこと。

もし受け付けてしまえば、かなりの人で溢れてしまうことが予想されますので、ごく限られた方のみで行われることになりそうです。

小林麻央さん告別式お別れ会は青山葬儀所が濃厚で一般弔問も?

しかし、著名人の場合、葬儀、告別式を近親者だけで密葬で執り行われた後に、日を改めてかつて一緒に仕事した芸能関係者を集めお別れをする、告別式(お別れ会)が行われます。

その際には会場の外に焼香台や献花台が設けられるためファンが焼香・献花が添えられることがあります。

これまで数々の著名人の告別式が行われてきたのは青山葬儀所です。

元キャンディーズで女優としても活躍した田中好子さんの告別式も青山葬儀所で行われ、著名人1600人、ファン800人の計2400人が参列しました。

また海老蔵さんの父・団十郎さんの本葬も青山葬儀所で行われたため、もしかしたら麻央さんの芸能関係者向けの告別式はこちらで行われる可能性が高いのではないでしょうか。

海老蔵さんは、6月25日に現在公演中の舞台がひと段落するようですが、7月5日から26日まで新たな舞台が始まります。

そのため早くて7月3日までの間に行われるのではないかと予想されます。

もしくは7月の舞台の休演が12日の夜の部、19日昼の部が休演となっていますので、このあたりにも行われる可能性はあるかもしれません。

おわりに

沢山の人に勇気や母として、女性としてすばらしい生き方を見せてくれた小林麻央さん。

懸命にがんと闘った姿は多くの人々の心に残り、これからも語り継がれていくことと思います。

本当に素敵な方だったなと思います。

改めてご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク


ダークシャドウネタバレあらすじ結末を簡単に!続編は映画ヒットならずで企画倒れ?

俳優ジョニー・デップ×監督ティム・バートンがタッグを組んだ映画「ダークシャドウ」が金曜ロードショーにて放送されます。

主人公を演じるジョニー・デップがヴァンパイアとなり200年ぶりに蘇りコミカルに滅びた祖先を復興していくという物語です。

今回は、映画「ダーク・シャドウ」のネタバレあらすじを結末までまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


映画ダークシャドウ主要登場人物一覧

■バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)
物語の主人公。
ヴァンパイアにされ、200年後に蘇り落ちぶれた子孫を再び復活させるため奮闘する。

■アンジェリーク・ブシャール(エヴァ・グリーン)
バーナバスをヴァンパイアにし、呪いをかけた魔女。バーナバスを生き埋めにした後も、ヴァーナバス子孫を苦しめ続けている。

■ヴィクトリア・ウィンターズ(ベラ・ヒースコート)
コリンズ家の家庭教師。
ヴァーナバスのかつての恋人とうり二つで恋に落ちる。

■エリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)
200年後のコリンズ家の女主人。
バーナバスと手を組みコリンズ家を復活させていく。

ダークシャドウネタバレあらすじ簡単に!

18世紀、主人公バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)は父親が営む水産業が成功し裕福な家庭で育った。

プレイボーイに育ったバーナバスは、使用人で魔女であるアンジェリーク(エヴァ・グリーン)を弄んでしまったため、彼女の怒りを買ってしまい仕返しに、恋人・ジョゼット(ベラ・ヒースコート)に呪いをかけ、ジョゼットは自ら岬から飛び降りて亡くなってしまう。

さらにバーナバスも呪いををかけられ、ヴァンパイアにされ、町の人々によって生き埋めにされる。

それから約200年後、とある工事現場にて作業員たちによって棺桶が発見され、バーナバスが蘇り、自由の身となる。

バーナバスは自身が育った館に戻るもの当時の面影はなく、子孫のコリンズ一家の末裔たちは落ちぶれてしまっていた。

現在のコリンズ家では、女主人のエリザベス(ミシェル・ファイファー)、エリザベスの弟・ロジャー、娘・キャロリン、ロジャーの息子・デイヴィットが住んでいた。

その他、コリンズ家では家族の他にも住んでいるものがおり、精神科医・ジュリア、使用人・ウィリー、家庭教師のヴィクトリアがいた。

デイヴィットの家庭教師を務めるヴィクトリア(ベラ・ヒースコート)はかつてのバーナバスの恋人であったジョゼットにそっくりで、バーナバスは一目ぼれする。

館に戻ってきたバーナバスを女主人・エリザベスは疑うものの、誰も知らない館内の隠し部屋を彼が知っていたこともあり、自分たちの先祖であることを認め、二人を手を組みコリンズ一家を復興させることにする。

コリンズ家では水産業と缶詰工場を経営していたものの、バーナバスをヴァンパイアにしたアンジェリークが姿を変え、ライバル企業を作り、町を支配しコリンズ一家を苦しめていた。

スポンサーリンク



バーナバスはエリザベスと協力し、館に眠っていた財宝を元手に工場を再建し、コリンズ一家を復興させ再び繁栄させていく。

それを知ったアンジェリークは、バーナバスに再び関係を求めてくるが、かつての恋人ジョゼットに似た家庭教師のヴィクトリアと惹かれあっていたため拒否する。

するとアンジェリークは再びバーナバスを棺に閉じ込め、コリンズ家に火をつけるが、アンジェリークは返り討ちに合い倒されてしまう。

しかしアンジェリークはヴィクトリアに呪いをかけており、ヴィクトリアはジョゼットが身と投げた岬に行き、自ら飛び降りる。

ヴァーナバスはヴィクトリアの後を追って岬から飛び降り、ヴィクトリアの首を噛んで彼女をヴァンパイアにさせ2人は結ばれたのだった。

ダークシャドウネタバレの感想

どちらかというとベタなギャクが多かったですが、ジョニーデップの愉快なキャラクターとティムバートンの世界観、さらに出演女優陣がみんなきれいだったのがよかったです。

ただ映画自体は、あまり好評ではなくジョニーデップ×ティムバートンの映画の中では駄作と言われていますね。

続編の企画があったようですが、映画がヒットしなかったせいか、企画倒れし結局続編は制作されなかったようです。

原作は1966年~1971年の5年間アメリカの昼ドラで放送されていた「ダーク・シャドウズ」です。監督ティムバートンが幼少時代に学校が終ると走って帰ってみるほどのお気に入りのドラマだったそうです。

5年間もの大作を2時間のうちにあれこれ詰めすぎようとして中途半端な感じになってしまったのかなとも見受けられます。

テンポや世界観は良かったのでティムバートンの世界が好きな方は楽しめるのではないかなと思います。

スポンサーリンク


屋根裏の恋人3話ネタバレあらすじと感想!樹が消えた理由が明らかに?

石田ひかりさん主演ドラマ「屋根裏の恋人」のネタバレあらすじについてまとめています。

一流企業に勤める夫と、子供にも恵まれ、大きな洋館にて何不自由ない生活をしている主人公・衣香(石田ひかり)

平凡ながらそれなりに幸せを感じていたが、18年前に突然消えた元彼・樹(今井翼)が屋根裏に住み着き、二人の恋が再び燃え始める…というストーリーです。

前回では、ついに心の中に閉まっていた衣香の恋に突き進みたい女性としての欲望の扉が開かれ、いっきに樹との恋に火がつきそうな気がします!

今回は、屋根裏の恋人3話ネタバレあらすじと感想についてまとめました。

スポンサーリンク


屋根裏の恋人3話ネタバレあらすじ【前半】

樹がいなくなってから18年間何にも情熱がもてなくなっていた衣香。

娘・帆花(大友花恋)が好きな男に突っ走る姿を見て、秘めていた衣香の思いが再び走り出し、過去のこととは決別し今の樹ともう一度出会いたいと訴える。

しかし、樹からは地獄に落ちる、理想の良妻賢母じゃなくなってもいいのかと言われ、衣香は何も言えず屋根裏を降りていった。
===
幼少期、衣香の母は男をつくり、泣きながら後を追う衣香を置いて出て行った。

在宅でチャットレディーのアルバイトをして借金を返済に充てているがそれはかつて母が作った謝金を衣香が返済しているのだった。

ある日、夫・誠(勝村政信)と子供たちと庭でバーベキューをしていたところ、義母・千鶴子(高畑敦子)がお肉を差し入れに持ってくる。

「お母さんありがとうございます」という誠に千鶴子は「お父さん死んじゃったから千鶴子でいいのよ」と耳元でささやく。

その後、帆花、誠は一緒にでかけ、息子・勇人も塾にでかけていった。

衣香と二人残された千鶴子は、誠と夜の営みはあるのかと尋ねるが、衣香ははぐらかす。

やっぱりないのね、あなた「卒女」したんじゃないのと、杏子が作ったという造語で衣香にしつこく聞いてくる。

すると、千鶴子は勇人がいじめられていることに気づいていない、母親なんだからしっかりしなさいと怒り、いじめのことをしらなかった衣香は動揺する。

千鶴子から言われ、慌てて勇人の部屋に行き荷物を探ると、大量のゲームソフトが見つかった。

塾から帰った勇人に部屋から見つけた大量のゲームソフトについて聞くものの、反抗し部屋に戻ってしまう。

夜になり、誠に相談しようと思うもののできず、息子の心配をしながら誠の浮気の心配もしていた。

===
翌日。

18年前に衣香が夜道を歩いていたところ突然襲ってきた男が何者かによって殺され、再びその男について何か知らないかと刑事が尋ねてくる。

男はトラブルを抱えており、その相手として樹の姿も探しているといわれ動揺しながらも、知らないと言い、刑事たちは帰っていった。

刑事が帰った後、衣香は樹のいる屋根裏に行き、刑事に聞かれたことを話す。

まさか樹が殺したのかと疑うが、否定する樹だった。

スポンサーリンク



学校帰り、勇人は同級生にいじめられていた。

現場を目撃した衣香が止めに入り救出するが勇人は何も言わずにその場から去って行く。

自宅に戻った衣香は勇人に警察に一緒に行こうと言うが、勇人は誰にも言うなと反抗し衣香を突き飛ばす。

途方にくれる衣香のもとに、樹が屋根裏から降りてくる。

泣き崩れる衣香に樹は、勇人がいじめられて落書きされている教科書や本などを見せ、勇人をいじめている男たちは、教師の前では優秀な生徒を演じているため、他にいじめられているものが訴えても聞き入れていれなかったことがあることを告げ去っていく。

夜になり誠にいじめのことを相談するが「男の子たちの世界ではよくあることだ」と聞く耳を持たない。

一人どうしたらいいのか考え込む衣香を、屋根裏の床に空けた穴から樹はじっと見つめていた。

屋根裏の恋人3話ネタバレあらすじ【後半】

翌日、千鶴子から、衣香の母親はパート先の男と駆け落ちしたのねと言い寄り、離婚した母親と引き離されたなんて嘘ばっかり、母親に子供でしょと責める。

そして、勇人のことを聞かれ何も答えられない衣香に、子供のこともちゃんとやれないようじゃダメ、母親って他のことやりながらやれるものじゃない命を育てるものよ。と厳しく言う。

「私にはわかるあなたが女であることを渇望していることを。私がそうだから。だから私は子供を産まなかった。一生女で痛いなら母親になってはダメ。

妻はいつでもおりられるけど、母は一度母になったら死ぬまで。せめて勇人が大学に入るまでは母親として生きて頂戴」

言い放ちその場を去って行った。

学校から帰った、勇人はいじめっこたちがもう自分には構わないと言ってきた、ママが立ち向かってくれたおかげだと喜びながら報告する。

樹が解決してくれたことを察した衣香は屋根裏に行き、お礼を言う。

そして、母親として生きる覚悟を決めたと告げる。

すると樹は出て行ってほしいんだね、あなたが幸せならそれでいいと微笑み、衣香は振り切るように屋根裏からおりていった。

樹はバイオリンを弾き始め、バイオリンの音色を聞いた衣香は樹と過ごした時のことを思い出し泣き崩れたのだった。

スポンサーリンク



翌日、刑事が衣香の自宅を訪れ、樹が家から出て行くのを見たという連絡があった、彼を知らないかと聞いてくるが、本当に何も知らないと言い、刑事を返す。

慌てて屋根裏に行くと、樹は姿を消していた。

衣香は外に飛び出し、樹の姿を探しながら、自分の事を捨てた母のことを思い出していた。母は、自分を置き去りにしながらも、ごめんねと泣いていた。

その涙は女でありながら、お母さんでいたいと叫んでいたと感じ、今の衣香の気持ちと重なっていった。

衣香は思い出の浜辺にて樹の姿を見つけ、樹の元に駆けつける

18年前、樹が衣香の前から姿を消したあの日、樹は自分の聴力は戻らないことがわかった。

それは衣香を助けた際に耳を殴られた後遺症だった。

プロのバイオリニストの道が閉ざされてしまった樹はこんな自分じゃダメだ、衣香を幸せにする資格はないと思ったという。

そんなこと…と泣き叫ぶ衣香を樹は抱きしめた。

二人は一緒に自宅に戻り、屋根裏で結ばれたのだった。

母でありながら、一生母であるよう、一度女として生まれたものは死ぬまで女だ。

どんなに早く逃げても捕まってしまうのだ。切ないほどの欲望に…。

「あなたのベッドはうら寂しい屋根屋にはない」

屋根裏の恋人3話ネタバレあらすじの感想!

樹の職業?夢?がバイオリニストだったものの、衣香の事件で聴力が失われその道が閉ざされたという過去が明らかになりました。

ということは第1話で疑惑があがった幽霊説は違うということでしょうか。

第3話にてついに衣香と樹が結ばれ本格的に恋が進み始めました!

かつての恋人と再び恋に落ちる…不倫といえば不倫なのですが、「屋根裏の恋人」ではその過程までの話しが長く、母として、女として葛藤する衣香の気持ちが丁寧に描かれているような印象です。

しかし、第4話では早くも千鶴子に樹との関係がばれてしまう?というドロドロの展開が待ち受けているようですね。千鶴子さん恐ろしい…!

予測不能なドラマなので、今後どういう風にストーリーが展開されていくのでしょうか。

来週も見逃さないようにしましょう!

スポンサーリンク


パイレーツオブカリビアン1呪われた海賊たち内容ネタバレ結末と感想!登場人物一覧も!

2017年7月1日に映画パイレーツオブカリビアンシリーズの第5作目にあたる「パイレーツオブカリビアン最後の海賊」が上映されます。

最新作公開に先駆けて、土曜プレミアムにて第1シリーズから放送されます。

シリーズの中でも特にファンが多いのが1作目の「呪われた海賊たち」は、主人公・ジョニー・デップを国際的スターにした代表作でもあります。

初めてこの映画を見た時の衝撃度は今でも忘れられないという人も多いのではないでしょうか。

今回は「パイレーツオブカリビアン1呪われた海賊たち」の内容ネタバレを結末までまとめました!

ラストまでネタバレしていますので、知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


パイレーツオブカリビアン1呪われた海賊たち-主要キャスト&吹き替えをおさらい

■ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)声:平田広明
選ばれし伝説の海賊9人のうちの1人。

■ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)声:平川大輔
海賊ビル・ターナーの一人息子。

しかし、ウィルが幼い頃に父は失踪してしまったため、自分が海賊だということを知らずに育つ。

■エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)声:弓場沙織
総督である父からの勧めで、提督ジェームズ・ノリントンとの結婚を迫られていたが、ウィルと恋に落ちる。

■ヘクター・バルボッサ(ジェフェリー・ラッシュ)声:壌晴彦
伝説の海賊の9人のうちの1人でカスピ海の王として知られる。

ジャックスパロウが船長を務めていたブラックパール号の一等航海士だったが、ある日ジャックを裏切り、船を乗っ取り、ジャックを孤島に置き去りにした。

ペットのモンキーを肩に乗せている。

■ジェームズ・ノリントン(ジャック・ダヴェンポート)声:森田順平
英国海軍の軍人でエリザベスに求婚を繰り返している。

パイレーツオブカリビアン1呪われた海賊たち内容ネタバレ結末まで!

18世紀-カリブ海の港町ポートロイヤル

総督の娘であるエリザベス(キーラ・ナイトレイ)は、子供の頃に海で漂流してきた少年ウィル(オーランド・ブルーム)を助け、彼が首から提げていた黄金のメダルを隠し持っていた。

それは彼が海賊だとばれないようにするためであった。

8年後ー。

救出されたウィルは、スワン総督の屋敷に鍛冶屋として出入りしており、いつしかウィルとエリザベスはお互いに恋心を抱くようになるが身分の違いにより、ウィルは自分の思いを隠していた。

ある日、ポート・ロイヤルにやってきたジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)は新しい船を盗もうと企んでいたところ、崖から海に転落したエリザベスを救出し、この時彼女が黄金のメダルを持っていることを知る。

エリザベスを救出し陸にあげたところ、駆けつけた提督・ノリントンによりジャックは捕えられ牢獄に入れられてしまう。

その夜、海賊ヘクター・バルボッサ船長(ジェフェリー・ラッシュ)率いる海賊「ブラックパール号」がポート・ロイヤルの町を襲撃し、エリザベスが連れて行かれてしまう。

彼らの狙いは、エリザベスが持っている黄金のメダル(アステカの金貨)だった。

バルボッサ船長たちは、永遠に死ぬことを許されず、月に照らされると醜いゾンビの姿に変わるという呪いをかけられていた。

その呪いを解くためにはアステカの金貨が必要だったのだ。

エリザベスが連れて行かれたことを知ったウィルは、牢獄に入られていたジャックに協力してもらい、ジャックの友人らである乗組員と共に「ブラックパール号」を追う。

その頃、エリザベスを乗せたブラックパール号では、「死の島」に到着し、エリザベスから取り上げたアステカの金貨にエリザベスの手を傷つけて入手した血をつけ、石棺に入れ呪いを解く儀式を行った。

しかし、アステカの金貨は本来ウィルのものであったため、ウィルの血が必要であり呪いを解くことはできなかった。

スポンサーリンク



「死の島」に到着したジャックとウィルは、呪いが解けずに言い争いになっている隙にエリザベスを救出する。

ところが、ウィルはジャックを置きざりにし、死の島から脱出。

ジャックは、バルボッサに誰の血を使えば呪いが解けるか知っていると共謀することを持ちかけ、ウィルらが乗る「インターセプター号」を追いかける。

インターセプター号に追いついた、ブラックパール号の船員たちは激しい戦闘を繰り広げ、インターセプター号は沈められてしまう。

金貨とウィルを捕らえたバルボッサは、ジャックとエリザベスを孤島に置き去りにし、再び呪いを解くために死の島に向かう。

孤島に置き去りにされてしまったエリザベスたちは、無理に婚約させられようとしていた提督ノリントンの船に発見され、ノリントンと結婚することを条件にウィルを救出に死の島に向かう。

実は昔ブラックパール号の船長をしていたジャックは、当時部下であったバルボッサに船を乗っ取られ孤島に置き去りにされた過去があった。

いつか隙を見てバルボッサに復讐することを考え、密かにそのチャンスを待っていた。

死の島に到着したボルボッサ一味は、ウィルの血を使って呪いを解く儀式を行おうとしていた。

しかし、そこにジャック、エリザベスが乗るノリントン船が到着し、激しい戦闘が始まる。

ジャックはバルボッサに剣で貫かれるが、実はジャックは金貨で不死身の呪いを自分にかけていたため、死なずに闘い続ける。

激しい戦いの途中、ウィルが自らの血を金貨につけた石棺に落としたため、バルボッサの不死身の呪いが解け、その隙を見逃さなかったジャックは、ずっと隠し持っていた最後の銃弾をボルボッサに撃ち復讐を果たす。

その後、ジャックはノリントン船の軍隊に連行され絞首刑を言い渡され死刑台に乗せられるが、エリザベスとウィルによって救出される。

ジャックは再び取り返したブラックパール号にて再び大海原に旅立って行った。
(おわり)

パイレーツオブカリビアン1呪われた海賊たち内容ネタバレ結末までの感想

新作が上映されるということで、久々に第1シリーズを見返してみました。

ストーリーはもちろん、映画としてのビジュアル、アクションシーンなど全てにおいて面白い!

第1シリーズ「呪われた海賊たち」が公開されたのは2003年と今から14年前ですが、月日が経った現在でも色あせない名作です。

まだ実は見たことない…という方は、ぜひこの機会に全シリーズをおさらいしてから、最新作「パイレーツオブカリビアン最後の海賊」を見に行くとより一層楽しめるかと思います。

パイレーツオブカリビアン2デットマンチェストのあらすじ

第2作目は、呪われた海賊たちから3年後。

ウィルとエリザベスは婚約し結婚式を目前に控えていたものの、かつてジャックに加担したことを原因にウィルは逮捕されてしまう。

一方のジャックは奪い返したブラックパール号で海賊業に精を出していましたが、13年目に交わしたある約束により再び闘いの渦へと巻き込まれていく。

スポンサーリンク


インサイドヘッドあらすじネタバレ簡単に結末まで&感想!感動で涙が止まらない!

2015年に公開された映画「インサイドヘッド」

人間の感情をキャラクター化し、ピクサースタジオが手がける長編アニメーション映画です。

数々の賞を受賞し、興行収入40億円を突破し大ヒット!

今回は、「インサイドヘッド」のあらすじネタバレを簡単に結末までまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


インサイドヘッドあらすじネタバレを簡単に!

11歳の少女・ライリーの頭の中には「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」
の5つの感情たちが共存し、司令塔のモニターを見ながらライリーの成長を見守っていた。

ライリーの日常生活を見守る中、特にライリーにとって重要な記憶とされる出来事はコア・メモリーとして玉が作られる。

ヨロコビがボタンを押せば「喜び」の記憶として残り、カナシミがボタンを押せば「悲しい」記憶の玉として、ライリーの人格を形成する島に運ばれるのだった。

ライリーは自然豊かなミネソタに暮らしていたが、パパの仕事の都合でサンフランシスコに引越しをする。

転校初日に、新しいクラスメイトの前で自己紹介をするライリーは、ミネソタで家族でアイスホッケーをしていた話しを始めた。

するとその途中、カナシミが喜びの記憶とされていたアイスホッケーの思い出の玉に触れてしまう。

楽しかったアイスホッケーの思い出は、もうあの頃に戻れないという「悲しみ」へと変わりライリーは突然みんなの前で泣き出してしまう。

さらにカナシミが、コアメモリーを作り出すボタンを押してしまい、自己紹介の記憶が悲しいコアメモリーとして玉が作られてしまう。

このコアメモリーの玉がライリーの人格を形成する島に運ばれると、今後の人生に大きな影響を与えてしまうと判断したヨロコビは玉が運ばれていくのを阻止しようとする。しかし、パプニングによりヨロコビはカナシミと共に司令塔から遠く離れた記憶の島に飛ばされてしまう。

スポンサーリンク



司令塔になんとか戻ろうとするヨロコビだが、カナシミは半ば諦めモード。

その頃、残された3人の感情「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」たちは大混乱。ヨロコビを失ったライリーはふさぎこむようになってしまう。

なんとかして司令塔に戻ろうとするヨロコビとカナシミは途中、ライリーの幼少期の空想のお友達「ビンボン」に出会う。ビンボンの提案により、司令塔に向かう列車に乗り込むが、司令塔でイカリがライリーに家出することを決意させたことにより脱線事故に合ってしまう。

次第にヨロコビは、カナシミがいるとライリーは幸せになれないと思うようになり、カナシミをおいて自分一人だけで司令塔に戻ろうとする。

しかし、その途中記憶のゴミ箱に落ちてしまい、ビンボンに助けられる。ビンボンは自らを犠牲にしヨロコビを助け、ビンボンはそのまま記憶のゴミ箱の中に落ちていった。

ビンボンに助けられたヨロコビは再びカナシミと合流し、協力してなんとか司令塔に戻る。

一度はカナシミを見捨てようとしたヨロコビだが、悲しいという気持ちを感じられるからこそ、喜びも感じられるのだと思い、ライリーにとってマイナスの存在でしかないと思っていた「カナシミ」も大事な存在であるこということを気づく。

ヨロコビたちがいなくなったことにより、ライリーの頭の中はパニックに陥っており、その状況から脱出できるのはカナシミであると判断し、ヨロコビはカナシミに操作を依頼。

塞ぎこんでいたライリーは、両親に悲しみの感情を打ち明ける。ライリーの本心を聞いた両親はライリーを抱きしめ、喜びと悲しみの感情が入り混じった記憶が初めて生まれた瞬間だった。

その後、「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」たちは上手く連携をとりながら、ライリーは成長していく。新たな友達もできアイスホッケーチームで活躍できるようになったのだった。

(おわり)

インサイドヘッドあらすじネタバレを簡単に!-感想

一見子供向けの映画のように思えますが、これ大人が見てもかなり楽しめてラストは号泣物でした。

「カナシミ」があるから「ヨロコビ」も感じられる。またこの二つだけでなく、他の感情も共存するからより一層人生が楽しくなる。

「カナシミ」のようにネガティブな感情って誰もが拭い去りたい、できれば持ちたくないようなもののように見えますが、とても大事な感情であり決して悪者ではなくいいものだと捉えることもできると見終わった後、爽快な気持ちにさせてくれる映画でした。

これはぜひとも全ての人にお勧めしたい名作です!

まだ見ていない方はぜひとも見ることをおすすめします。

スポンサーリンク


インサイドヘッド声優日本版!ガリガリガリクソンはカット?隠れキャラも注目!

「トイストーリー」や「モンスターズ・インク」など数々の名作を世に送り出している、ピクサースタジオから2015年に公開されたアニメーション映画「インサイド・ヘッド」

人間の誰しもが持っている「感情」がキャラクターとなり、少女の頭の中で様々な困難に立ち向かっていく冒険ファンタジーです。

第88回アカデミー賞では長編アニメーション映画部門賞を受賞し、興行収入40億円を突破した作品です。

そんな大人も子供も楽しめる、インサイドヘッドが今回金曜ロードショーの枠で初地上派放送が決定しました!

そこで今回は、インサイドヘッドキャラクターの声優日本語吹き替え一覧、声優として出演していたガリガリガリクソンのシーンについて、さらには隠れキャラの3つに注目し紹介してきたいと思います。
スポンサーリンク


インサイドヘッド声優日本語吹き替え一覧!

■ヨロコビ
ライリーの中でも最も重要な役割をこなすヨロコビ。ポジティブでライリーを幸せにするために楽観的で前向きなキャラクター。

声優:竹内結子
<他作品の出演経歴>
タイタニック(ヒロイン:ローズ)

■カナシミ
ネガティブな感情を表すカナシミ。
ヨロコビの意見をいつも否定的に捉え、いつも憂鬱な気分で過ごしている。本当はポジティブになりたいと思っているがなかなかなれずに悩んでいる。

声優:大竹しのぶ
<他作品の出演経歴>
風立ちぬ(黒川夫人)、借りぐらしのアリエッティ(ホミリー)、メアリと魔女の花(シャーロット)

■イカリ
怒りっぽく、他人にも厳しく接するイカリ。怒りが頂点に達すると頭が燃える時も…

声優:浦山迅
<他作品の出演経歴>
レミーのおいしいレストラン(スキナー)、タンタンの冒険(デュポン)、カーズ(ドッグハドソン)

■ムカムカ
嫌なものを遠ざける役割をするムカムカ。気分屋で文句が多く、イカリを挑発するのが得意。

声優:小松由佳
<他作品の出演経歴>
プラダを着た悪魔(アンドレア)、アバター(ネイティリ)、フレッシュプリキュア!(東せつな/イース/キュアパッション)

■ビビリ
危険なものや怖いものから身を守る役割をするビビリ。危険なものを予測するのが得意だが、日常の出来事を常に危険だとビビッている。

声優:落合弘治
<他作品の出演経歴>
セサミストリート(エルモ)、トイストーリー(エイリアン)、

■ライリー
11歳の少女で、5つの感情たちに支えられている。突然の引越しによりライフスタイルが激変したことをきっかけに、様々な感情にさらされてとまどってしまう。

声優:11歳:伊集院茉衣/幼少:鎌田英怜奈

<伊集院茉衣,他作品の出演経歴>
ミュージカル,アニーにてテシー役。まだ無名の子役だが本作にて大役をこなした

<鎌田英怜奈,他作品の出演経歴>
偽装の夫婦、白鳥麗子でございます!など子役としてドラマやCMなどで活躍

■ビンボン
ピンク色の像のようなキャラクターのビンボン。ライリーの想像上のお友達。
吹き替え声優は初挑戦!

声優:佐藤二朗
2017年公開映画「メアリと魔女の花」にフラナガン(エンドア大学ほうき小屋の番人)として出演予定。

スポンサーリンク


インサイドヘッド声優日本語吹き替え一覧!ガリガリガリクソン出演シーンはカット?

インサイドヘッドの日本語吹き替え声優には、竹内結子さん、大竹しのぶさん、佐藤二朗さんといった豪華キャスト陣に加え、海外映画の吹き替えを数多く担当してきた声優さんが名を連ねています。

またこの他にも、ノンスタイル石田さん、プラスマイナス石橋さん、ガリガリガリクソンも声優としてデビューし話題となりました。

しかし、ガリガリガリクソンは2017年5月に酒帯運転で逮捕。ピン芸人としてテレビ番組などでも活躍していたため、出演シーンがカットされるなど各所に大きな影響を与えました。

さて、そんなガリクソンはインサイドヘッドにてメイン役ではないものの、列車の作業員として出演しています。

ライリーの頭の中の司令部から飛び出した、ヨロコビとカナシミがライリーを救うため、ビンボンと一緒に司令部に戻る途中で列車に乗ります。

しかし、列車が脱線し谷底に落ちそうになるところを、この3人が担当する列車の作業員たちが救出するという、結構重要な役どころです。

3人で救うシーンなので、もしこの部分がカットされてしまえば、せっかく声優デビューを果たしたノンスタイル石田さん、プラスマイナス石橋さんにも多大な迷惑をかけていることになります。

金曜ロードショーでは放送枠は2時間と決まっているので、2時間内に収まらない場合はカットされる時があります。

インサイドヘッドでは子供も楽しめる映画でもあるので、声の出演とはいえどおそらくガリガリガリクソン出演シーンはカットされる可能性が高いと思われます。

インサイドヘッド隠れキャラにも注目!

インサイドヘッドではこれまでピクサーが手がけた映画のキャラクターが劇中に隠れキャラとして登場しています。

ピクサースタジオファンの間では、この隠れキャラを探すのが楽しみになっている人もいるのではないでしょうか。

今回のインサイドヘッドでも、数々の隠れキャラの報告がされていますので、今回はその一部を紹介したいと思います。

■ファインディング・ニモ
ヨロコビとカナシミが脳の司令部を飛び出したどりついたのがイマジネーションランド。このランドの中に、ゲームのおもちゃのパッケージにニモが登場しています。
しかも、ニモの画の上には「Find Me!」(僕を見つけて!)の文字が!ぜひ見つけてあげましょう。

■カールじいさんの空飛ぶ家
ライリーの思い出の中には、「カールじいさんの空飛ぶ家」に登場したカールとエリーが登場していきます。
これは、監督が同じだからですね。いきなり登場するので、カールじいさん!!と驚く人も多いのではないでしょうか。

■レミーのおいしいレストラン
ライリーが幼少期にテーブルで、色鉛筆などのお絵かきグッズが散乱しているシーンをよーく見ると、雑誌があります。
その雑誌の表紙を飾っているのが、レミーのおいしいレストランに登場する女性シェフ・コレットです。

おわりに

今回はインサイドヘッド日本語吹き替え声優、ガリガリガリクソンのシーン、さらには隠れキャラについて紹介しました。

涙あり、笑いあり、心温まる何度も見たい名作のひとつです。

ぜひ見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク


屋根裏の恋人2話ネタバレあらすじと感想!もはやコント?樹の格言が面白すぎる!

石田ひかりさん主演ドラマ「屋根裏の恋人」

何不自由ない生活をしていた主人公・衣香(石田ひかり)の自宅の屋根裏に18年前に突然姿を消した恋人・樹(今井翼)が住み着くというラブサスペンスドラマ。

海外で実際に起きた実話を題材にしたドラマのようですが、第1話からドロドロ&ホラー具合がやばい!と話題になっているようです。

今回は、屋根裏の恋人2話のネタバレあらすじと感想についてまとめました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。
スポンサーリンク


屋根裏の恋人2話ネタバレあらすじ【前半】

18年前、衣香(石田ひかり)は夜道で男に襲われそうになったところを、樹(今井翼)に助けられた。

衣香を襲った男が殺され、警察がやってきたことを屋根裏に住む樹に報告する。警察に届けなかったため、事件のことを知っているのは衣香と樹、そしてあの男だけ。

今さらなぜと怖がる衣香だった。

娘の帆花(大友花恋)が学校の創立記念日で午前中で授業が終ったといつもより早く帰宅し、衣香が化粧をしておしゃれをしていることに気づく。

女がキレイになるときって男がいるのよと好きな人いるの?と聞く帆花に、ごまかそうとする衣香。

すると、帆花は「ママって不干渉でしょ。恋にどれだけ情熱をかけられるかで人生って変わるのよ」と言われてしまう。

(全ての女が恋に情熱を燃やせるわけでない。家庭は平凡でいい。惰性的でゆるくあきれるほど退屈でいいのだ。よき妻、よき母であろうとしたら不感症くらいがいいのだ。そうならないのは一生自分の中のメスに翻弄させる愚か者。)

衣香は心の中で思っていた。

その時、衣香の友人・杏子(三浦理恵子)が訪ねてくる。ファイナンシャルプランナーをしている杏子は、千鶴子(高畑敦子)の相続の相談に乗っており、年下の彼氏を連れてやってきた。

玄関で、年下の彼氏と情熱的なキスをする杏子の姿を見て驚く衣香。

自宅を訪ねてきた杏子は、義父が千鶴子に残した保険金3億円について事件性があるのではないかと疑いがかかり調査されていることをそっと打ちあける杏子。

千鶴子は前の旦那とも30歳の年齢差で結婚しのちに夫とは病死で死別。年齢差があったことから財産目当ての結婚ではないかと言われていたという。

そして杏子は、衣香も樹と別れた後にすぐに誠と子供ができてすぐに誠と結婚して乗り換えたのはなぜ?衣香が恋をしたのは樹だけでしょと聞いてくる。

何言っているのとはぐらかす衣香だった。

その様子を樹は隙間からじっと見つめていた。

スポンサーリンク



杏子が帰り、衣香がリビングに戻ると樹が座ってお茶を飲んでいた。

何しているのと動揺する衣香に樹は「屋根裏の住人も時にはお茶が必要だ」と冷静にお茶を飲む。

あなたが恋をしたのは樹くんとの時だけと言われていたことを話し出す樹は、18年前どうして約束の場所にいかなかったのか聞きたくないのかと衣香に問いかけるが、衣香は聞きたくないと意地をはる。

すると樹は「仕事に行ってくる」と部屋を出て行った。

===
夫・誠(勝村政信)から突然連絡があり、今夜は家族みんなで外でご飯を食べようと誘う。電話を切った後、誠は会社の同僚に呼ばれ、仕事で10億の利益をあげたことでインサイダーを疑われ、女と金には気をつけろと言われていた。

夜、レストランで久々に4人で食事を取る西篠家。

誠と子供たちから、誕生日と結婚記念日のプレゼントを贈られ、誠からのプレゼントはバーキンのバックだった。

幸せそうな家族の光景でもどこか心ここにあらずの衣香だった。

食事の途中、帆花は突然友達から勉強を教えてほしいと呼び出されたと途中でレストランを去っていってしまう。

しかし、帆花が向かったのはバンドマンの彼氏のもとだった。

屋根裏の恋人2話ネタバレあらすじ【後半】

レストランでの食事を終えて、自宅に戻った衣香に誠は家族の時間をもっととるようにする、そして次の人事で部長になってもっと楽をさせてあげるよと話す。

深夜、息子がキッチンに行くと水を飲む樹を見かけ驚き「幽霊がいた」と大声を上げ慌てて誠と衣香が駆けつける。

翌朝、屋根裏の樹のもと行き語りかける衣香。

「18年前あなたを探さなかったのは確かなものが欲しかった。何があっても壊れないもの。それが家族よ。この18年家族のために生きてきたの何より大事にしてきたの。」

「あなたの旦那はあなたに寂しい思いをさせている」

「だとしてもあなたが消えたあと、私の傍にいて20年近く共に歩いてきてくれた。家族を守るためなら嘘つきにだって何だってなる」

「そんなに家族が大事なら見なくちゃいけないことがある」

そう言われ、1枚の店の名刺を渡された。

夜、衣香は樹から渡された名刺の店を訪れた。

そこはキャバクラで、なんと高校生の帆花が働いていた。

帆花の姿に驚き、慌てて連れ出そうとする衣香。

しかし店のボーイに帰れと怒鳴られ、帆花はそのまま店に戻ってしまった。

===
帆花がキャバクラで働いていることを知りショックを受け自宅に戻った衣香の元に樹が訪れ、帆花は、バンドマンの彼氏の生活を支えるためキャバクラでバイトをしていることを告げる樹。

その時、千鶴子が自宅を訪ねてきて、無理やり自宅にあがりこみ、保険会社が来たら千鶴子が保険金を受け取るのは問題ないと言うように誠に言っておいてほしいと明るく話す。

衣香はふと、千鶴子にお父さんのどこが好きだったんですかと聞く。

すると

「お金を沢山持っていたところ。」

とずばり言う。

義父は、お金を沢山使って千鶴子を一流のベリーダンサーにしてくれた。お金があるのは才能よ、結婚って契約よ自分が何を提供し、相手が何が提供してくれるのか。お金や財産っていう上に愛情は育つのと言う。

スポンサーリンク



衣香は再びキャバクラに戻り、帆花が出てくるのを待って話をしようとする。しかし、仕事を終えてでてきた帆花は母の姿を見て、何も言わずにどこかに行こうとする。

そんなバイトしてたら学校退学になるわ人生が変わると衣香は言うが、関係ないと帆花は言う。

彼に結婚しようといわれており、夫になる人を支えるのと言う帆花に、高校生でキャバクラで働かせるような男があなたを幸せにしてくれないわよと言う衣香。

すると帆花は、ママは本当に誰かを愛したことがない。誰かを愛するって怖いことよ。ママには誰かを愛して傷ついたり傷つけられたりする覚悟がない。

ママは楽園できれいに咲く花、自分が傷つくのが怖くてその場から出ようとしない。私は不感症のママのようにはなりたくないのと言い放ちその場を去って行った。

何も言い返せない衣香だった。
===

夫にも相談できず、一人リビングで考え込む衣香のもとに樹がやってきて、どうしたらいいのかわからいと相談する。

「好きにさせれば」

「あんな人と一緒になって幸せになれると思う?」

「好きな男とまっしぐらなことは幸せだと思う」

「あの子、傷ついても愛する覚悟があると言った」

「傷つくことを恐れて逃げ出したあなた」

「別れさせたいの?俺は衣香の頼みなら何だってやる」

翌日。

帆花から「助けて」と連絡が入り、急いで駆けつけると怪我をしていた。

夜に彼が帰ってこず連絡もつなず心配していたところ、朝知らない男から彼氏が待っているから新宿にあるマンションに行けと言われ訪れたところ、知らない女と彼氏が一緒にいるところを目撃してしまう。

彼氏を問い詰めると、暴力をふるわれ怪我をしてしまい身も心も傷ついていた。それでも信じられない…と泣く帆花だった。

(そこにいるのは娘ではなく女だった。私がずっと軽蔑してきた恋にまっしぐらで浅はかでバカな女。絶対になりたくないと思っていた愚か者。

だがこの時、腕の中で震える小鳥のような女を抱きしめながら祈っていた。またいつの日か再びこのバカな女が愛に向かって飛び出していけるよう。その勇気を失うことのないようにと)

シャワーを浴び、屋根裏にいる樹のもとに向かう衣香。

「帆花に電話したの樹くんよね?聞いてたでしょ。帆花との話し。あんなに男の人に夢中なるあの子のこと軽蔑してた。でも同じくらい嫉妬した。」

「嫉妬?」

「私も帆花のように18年前、あなたが私の前から消えた夜、なりふりかまわずあなたを追いかけたもう1人の私がいた。全てを捨てて彼に突っ走るあの子がうらやましかった。

あなたがいなくなってから何にも情熱が持てなかった。あの子は私に思い出させた。私はあさましいバカな女になりたかったのだ。ずっと。」

帆花が衣香の中に眠っていたそのパンドラの箱を開けたのだった。

屋根裏の恋人2話ネタバレあらすじの感想

まっすぐに好きな人に向かってなりふりかまわず突き進む娘の姿から、自分の願望に気づいた衣香。

ずっと眠っていた衣香の情熱や欲望が静かに開き始めた回でした。

激しく燃え上がる恋というよりは、静かに動き始めた衣香の愛や欲望がじわじわと動き始め様子が妙にリアルで恐ろしくもありました。

次回からは激しくストーリーが展開していくのでしょうか。

それにしてもラブサスペンスドラマなのでしょうが、時折樹(今井翼)が発する台詞が名言というか若干コントのようで、シリアスなシーンなのですが所々吹いてしまうよなシーンが多々ありますね (笑)

今回の格言は「屋根裏の住人も時にはお茶が必要だ」でした。

それもこのドラマの魅力なのでしょう。

樹と衣香のラブストーリーかと思いきや、意外と樹は衣香の家の問題を解決する救世主のような役割になっているようにも思いました。

来週もどんな展開が待ち受けているのか楽しみです!

スポンサーリンク


女囚セブン8話最終回ネタバレあらすじと感想!琴音と内藤は親子だった!笑顔&涙のラスト!

剛力彩芽さん主演ドラマ「女囚セブン」がついに最終回を迎えます(泣)

仲間の芸妓を殺したと罪を着せられ刑務所に入れられた主人公・琴音(剛力彩芽)

しかし、琴音を犯人に仕立て上げていた黒幕の正体は法務大臣である内藤であり、雪乃に弱みを握られたためでした。

雪乃が内藤のスキャンダラスなデータを保管している「黒革の手帖」を必死になって探していた内藤に琴音と交換条件で黒革の手帖のありかとパスワード「ルパン」を教える。

しかし、他の女囚たちや琴音の大事な人にこれ以上何もしないという条件だったにも関らず、内藤は約束を破り一条の女将は逮捕され琴音自身も無実の罪をきせられてしまう。

絶体絶命かと思われたが、これまで救ってきた女囚たちが琴音の力となり内藤に反撃することを誓う。

最終回ではついに女囚たちが脱獄し、内藤に立ち向かっていきます。

一体どんなラストが待ち受けているのでしょうか。

女囚セブン8話最終回ネタバレあらすじと感想についてまとめました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。
スポンサーリンク


女囚セブン8話最終回ネタバレあらすじ【前半】

内藤(高嶋政伸)の元に女囚たちが脱獄した連絡が入る。

女囚たちは、シーツの交換に来る車の荷台に乗り込み脱獄に成功。

途中、司(山口紗也加)が合流する。

なんとしても女囚たちを捕まえるよう秘書に指示を出す内藤は、総裁選の日に脱獄するとはと頭を抱えていた。

女囚たちは、政治家用の斡旋クラブに身を隠し、琴音が内藤に近づくよう作戦を企てる。本日行われる総裁選の時、内藤は必ず部屋に一人になる時がある。

そこに琴音が乗り込むという作戦だった。

そして、それぞれついに動き出した。

うめは息子が入院している病院に忍び込み会いに行く、息子に抱きつくうめ。しかし、病室を出たところで、うめは刑事に見つかり、逃げたものの捕まえられてしまう。。

ナースは、実家を訪ね整形で全くの別人になっているものの、母親は娘であることに気づき、優しく声をかける。「もう大丈夫だからお母さんは安心して」それだけ伝えたくてナースはやってきたのだった。

その後、ナースも張り込みをしていた刑事に捕らえられてしまった。

===
その頃、琴音と奈津(安達祐実)はとあるお寺にやってきた。

このお寺は女将に万が一のことがあったときの連絡所にしていたという。そして、女将は琴音が塀の中に入った後、お座敷に来る政治家たちの会話を全て録音していたという。

そのボイスレコーダーさえあれば、内藤が今までしてきたことの決定的証拠になると考えていた。

しかし、お寺に入ると芸妓の小春が倒れておりボイスレコーダーは盗まれてしまい、内藤を追い込む最後の切り札が無くなってしまったのだった。

その頃、司は拘置所から解放された女将に会い、女将から頼まれた鑑定書が届いたと1枚の封筒を渡していた。

===
沙羅(トリンドル玲奈)は娘のいる学校に向かい、遠くから娘の姿を見ていた。幼いころに離れ離れになったため、自分のことがわかるのか、わからないよなと悩んでいると「ママ…?」と娘が声をかけてきた。

沙羅は必ず一緒に暮らせるから待っていてねと言い娘を抱きしめた。

そこに刑事たちの足音が近づいてくる。

ママと一緒にいたいという娘に後ろ髪を引かれながら沙羅はその場を去り、途中刑事に囲まれ、取り押さえられてしまった。

===
桜子(平岩紙)は中年の彼氏と焼肉を食べていた。

遺産を彼氏に託し、老人ホームの建設を託した。

そして「これでいつ死刑になっても安心。満足した」といって警察署に向かった。

女囚たちは捜査をかく乱させるためにバラバラに動いていたのだった。

焦る内藤は早く見つけて皆殺しにしろと命令する。

スポンサーリンク


女囚セブン8話最終回ネタバレあらすじ【後半】

司と合流した琴音と奈津。

ボイスレコーダーがなく、内藤に突きつける証拠がなくなった琴音はピンチだった。

証拠がないまま内藤がいる自衛党本部に潜り込む。

途中、高見沢に遭遇し、琴音と奈津のことを見た高見沢は警備を呼ぶが司が高見沢のことを取りおさえ、その隙に琴音と奈津を逃がす。

裏切ったわねと言う高見沢に、「私はあんたのような女にならない、信念の元自分の道を歩く」と強く言い放ち、駆けつけた警備に取り押さえられてしまう。

内藤の部屋に向かう、琴音と奈津。

途中警備たちに見つかるものの、琴音は次々に警備たちをやっつけ内藤の元へと急ぐ。

すると奈津が途中で立ち止まり琴音に言う。

「ありがとう。初めて一人じゃないって思った。もう会えないかもしれないけど。楽しかったよ。じゃあね」

そう言い残し、後ろから追いかけてくる警備たちの元に自ら行きおとりとなった。

奈津は集まっている報道陣の前に駆けつけ

「自首します。私は脱獄した坂本奈津です。最初は食い逃げですけど、本当はスリです。寂しくて見栄張ってうそついて愛されたいなって思ったり。でも愛されないんだろうなって思って。だけど、悪いことしといてごめんなさいもいえないような小さいクソやろうほど人間くさってねぇんだよ。」

そう言い放ったのだった。

===
琴音が内藤の元に向かう途中、女将が待っていた。

ボイスレコーダーが盗まれ切り札が無い琴音に女将は1枚の封筒を渡す。

その封筒の中に入っている1枚の紙を見て琴音は目を疑った。

「乗り越えるしかあらへん」

そう女将に言われ、ついに内藤がいる部屋に乗り込んだ。

「こんなところまでよくも」

「そちらさんこそ、よも約束破ってうちな大事な人を皆殺しにするとは。雪乃ちゃんを殺したのはあんたはんどすやろ」

しかし、内藤は全ては秘書がやったことだと認めず、自分ほど優秀な人間がトップになるべき、最強のリーダにふさわしい人間だと琴音に突きかかってくる。

そして、命には価値がある命とない命があるといい放つ内藤。

すると、琴音は1枚の紙を内藤に見せた。それは琴音が内藤の娘であることを肯定するDNA鑑定書だった。

スポンサーリンク



「まさか…」

「ええ、そのまさかどす。」

「そうだったのか…」

すると、内藤はその場に土下座し、琴音に頭を下げた。

「我が娘を辛い目に合わせてこのとおりだ…」

と泣きながら頭を下げた。

「これからは助け合っていこう。血の繋がった家族じゃないか」

そういう内藤に琴音は…

「あはははははは。家族って知らんおっさんに急に父親面されても貴書悪いだけどすわ。下手な猿芝居止めておくれどす。正直うちはこの鑑定見ておぞましゅうてどうしていいかわからへんのどす。

日本の総理大臣の娘が女囚とは。しかも総理大臣ともあろうとものが、総理大臣になりたいがあまり
娘に殺人罪をなすりつけたとは世間にばれたら政治家として一環の終わり。

日本の恥、世界の笑いもの、宇宙の鼻くそどすやろな~。せやけどどうしてもわからへんのどす。うちの母親ほどの人がなんであんたはんなんかと。」

内藤は若かりし頃琴音の母・琴葉と出会い付き合っていた。そして、琴葉に一生懸命に政治論を語っていた。

しかし、後ろ盾が無い者は政治家の有力者と結婚しなければと言われ、政治家の娘と愛のない結婚をし、琴音の母を裏切る形で別れてしまう。

政治家として志を持っていたが、次第に政治家の黒い波に飲み込まれていき、本来持っていた志も見失ってしまった。

世の中を変えるためにはどんな手を使ってでも総理大臣になるしかない。いつしかそう思うようになって行った。

そんな内藤に琴音は

「世の中を変えるためにあんたはんが変わってしまっては本末転倒。あんたはんが守りたかったものはここに来る前に全部自分で踏み潰してきはったんどす。うちもその一人どすやろな。」

と言う。そして…

「悪いのはあんたはんやない。そんなことせんと出世できんくだらん社会どす。それとクリーンな上っ面と耳障りのええフレーズに惑わされて適当にあんたはんを選んだ有権者どす。

罪は犯すやつが悪いんやない、犯させるやつが悪いんどす。けど自分が犯した罪くらい自分できっちり償いなはれ。」

と言い琴音は去ろうとする。

「待て。パスワードのルパンはなぜ?」

「それが母の死に際の言葉だった。」

「亡くなったのか…」

「貧困の中誰にも頼らんとうちを食べさせるだけに、ほんまにええ母親どした。その相手がまさか。さぞかし母もうかばれへんことどしたやろ」

そう言い、琴音は涙を堪えながら部屋を去って行った。

総裁選の記者会見の現場にて。

内藤は、琴葉の母に言われたことを思い出していた。

琴葉に自分の理想とする政治論を語っていた時、「ルパンみたいやな」と言われていたのだった。

そして内藤は総裁選の候補を辞退を発表し、罪を犯したと自白したのだった。

スポンサーリンク



女囚たちは全員、刑務所に戻っていた。

全員で再会し「また会えたね」と笑いあった。

一方の内藤は刑務所に入り、囚人たちにいじめられていた。

新所長には一本松が就任した。

そして、内藤から指示を受け数々の罠を仕組んだ百目鬼(宍戸美和公)は囚人として戻って入所し琴音たちと同じ部屋になった。

ドベ(新人)として入ってくる百目鬼にもうドベいじめはやめとこうかという女囚たちだったが、琴音は
伝統は守らなければと無表情で言う。

「やっぱり芸妓が1番腹黒いよね」

と、笑いあう女囚たちだった。

(おわり)

女囚セブン8話最終回ネタバレあらすじの感想

女囚セブン終っちゃいました(泣)

そして、やはり内藤と琴音は親子でした!第7回からもしかして…?と思いましたが、やはりそうでしたね。

脱獄したものの、捕まることを見据えて会いたい人に伝えたいことを伝えに行った女囚たちのシーンは感動的でした。個人的には桜子のシーンがなんだか切なかったですね。

ただちょっと最終回の割には盛り上がりにかけたような気もしますが、涙あり、笑いありのドラマで全体的にはかなり面白かったです。

スペシャル版として帰ってくることを期待したいと思います、

スポンサーリンク


22年目の告白私が殺人犯ですネタバレ原作韓国版!ラストの展開に衝撃!

藤原竜也さんと伊藤英明さんがW主演を務める「22年目の告白-私が殺人犯です」

22年前に起きた事件の時効が過ぎた頃、突然犯人を名乗る男が手記を発表し世間を賑わし一躍時の人となっていき、そして新たな事件が…というサスペンスミステリー映画。

原作は韓国映画「殺人の告白」です。

日本版も気になるところですが、評判が高い韓国の原作映画の方を借りてみたところ、想像以上にかなり面白く食い入るようにラストまであっと言う間に見てしまいました。

ラストに待ち受ける衝撃の事実にただただ驚かされました。

今回は「22年目の告白-私が殺人犯です-」の原作韓国版のネタバレあらすじと感想を簡単にまとめました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくないないかたはご注意ください。

スポンサーリンク


22年目の告白私が殺人犯ですネタバレ原作韓国版【簡易版】

今から15年前、女性ばかりを襲う連続殺人事件(ヨンゴク事件)が発生。

事件を担当していたチェ刑事は犯人を追うも捕まえることができず、時効を迎えてしまう。

このヨンゴク事件の最後の被害者となったのは、彼の恋人であったチェ・スヨンだった。

ヨンゴク事件の時効が成立した頃、待っていたかのように犯人を名乗る男・イ・ドュソクが現れ事件を題材にした本を出版する。

イケメンでミステリアスな風貌から瞬く間に人気者となりファンクラブができるほど人気は過熱。

その頃、ヨンゴク事件によって家族を亡くした遺族はイ・ドュソクへの復讐を計画し誘拐する。

彼を誘拐することに成功したものの、復讐をする前にチェ刑事によってイ・ドュソクを救出され解放する。

殺人犯にも関らずイ・ドュソクの人気は衰えることをしらず社会現象となっていく。

そして、テレビ局にてイ・ドュソクとチェ刑事が参加し「彼が本当の犯人なのか」という討論番組が行われる。

すると本番中に「J」と名乗る男から「イ・ドュソクは偽者であり私が真犯人だ」衝撃の電話が入る。

本当の犯人は誰なのか…世間は混乱の渦に巻き込まれていく。

後日、Jからチェ刑事の元に、ヨンゴク事件の最後の被害者であったチェ刑事の恋人の死の間際のビデオと凶器が送られてきた。

イ・ドュソクが偽者なのか?だとしたらなぜヨンゴク事件の詳細を事細かに本に書くことができたのか?

その頃、偽者と疑われ始めたイ・ドュソクは本の売り上げを遺族に寄付すると会見を開く。印税目的でないのであれば、やはり罪の意識から全てを告白するために現れた犯人なのか。

そう世間が思い始めたころ、チェ刑事、イ・ドュソク、Jの3人が参加する討論番組が行われることになる。

本番が始まり、Jは自身が真犯人である証明として、最後の被害者スヨンの遺体のある場所について明かし、17年の年月を得てスヨンは遺体となって発見された。

そして、イ・ドュソクは衝撃の一言を発する。

「私は犯人ではない」

スポンサーリンク



イ・ドュソクは犯人ではない。

実はイ・ドュソクと名乗り出てきた男の名前はチョン・ヒョンシク。

チェ刑事の弟分であり、ヨンゴク事件の最初の被害者は彼の母親だった。

ヒンシュクは、ヨンゴク事件の時効を迎えた時に自殺し亡くなったと思われていたが、実は生きており、顔を変えイ・ドュソクとして現れたのだった。

そして、イ・ドュソクが出版した本は、チェ刑事が書いたものだった。

チェ刑事は、犯人の自己顕示欲の高さに目を付け、犯人と名乗る人物が現れ世間を賑わせることで、真犯人をあおり、自ら名乗り出てくるように仕向けたのだった。

そう、つまり真犯人Jが姿を現させるために二人が仕組んだ罠だった。

その事実を知ったJは時効はもう成立していると笑う。

ところが、Jが持ってきたスヨンの最後の映像には、1992年12月19日深夜0時を告げる瞬間が残っている。そしてJが自らが犯人だと告げた時刻は2007年12月18日11時46分。

つまり、時効が切れる14分前だったのだ。

Jはその場から逃げ出し、現場にいたスヨンの母を人質に逃走を図ろうとする。

チェ刑事たちと遺族たちはJを追いかけ激しい乱闘の末にJは捕まる。

そして、スヨンの母がJを殺そうとするが、チェ刑事が止めに入る。

次の瞬間、チェ刑事は自らの手でJをあやめたのだった。

それから5年後。

刑期を終えたチェ刑事が刑務所から出所。

出所してきた彼をスヨンの母、ヒンシュク、事件の遺族たちが笑顔で待っていた。

こうして復讐は終わった。

(おわり)

22年目の告白私が殺人犯ですネタバレ原作韓国版の感想

まさか、真犯人をあぶりだすために仕掛けられたチェ刑事と、イ・ドュソクの壮大な罠だったとは全く想定外で、書記を書いたのがチェ刑事だとわかった瞬間はかなり驚きトリハダが立ちました。

所々出てきた、スヨンとの回想シーンには胸が苦しく切なくなるよな場面も多々ありました。

ストーリーの中にところどころ伏線が張られていて、「あのセリフはこのシーンと関係があったのか!」と繋がるところも面白かったですね。

原作映画かなり良くできていて、想像をはるかに超えて面白かったです。

日本版もどのようにリメイクされているのか楽しみですね。

スポンサーリンク


屋根裏の恋人1話ネタバレあらすじと感想!樹(今井翼)の正体が早くもネタバレ?ホラー&ドロドロすぎてヤバイ

女優・石田ひかりさんが14年ぶりの主演作「屋根裏の恋人」が、大人の土ドラの枠でスタートしました。

誰もがうらやむようなセレブな生活を手に入れた主人公・西篠衣香(石田ひかり)。鎌倉の洋館に引越し新たな生活をスタートさせた衣香の元にかつての恋人・瀬野樹(今井翼)が現れ屋根裏に住み着いてしまう。

これをきっかけに、衣香の人生は大きく歯車が狂いだし家族崩壊へと転落していくラブサスペンスドラマです。

屋根裏に住み着くって、かなり怖いですがこれは面白そうですね…!

さっそく第1話を見ましたので、ネタバレあらすじと感想についてまとめました。

スポンサーリンク


屋根裏の恋人1話ネタバレあらすじ【前半】

主人公・西篠衣香(石田ひかり)は夫・西篠誠(勝村政信)、娘・帆花(大友花恋)、息子・勇人(高橋楓翔)の4人家族。

夫は大手証券会社に勤め、衣香は専業主婦として家庭を支え何不自由ない暮らしをしているように見えた。

ある日、誠の父親が亡くなり、後妻である・千鶴子(高畑敦子)が住む実家の洋館で暮らすこととなった。

衣香たちが引っ越してくることにより、西篠邸では盛大なパーティーが開かれ、ベリーダンスの先生をしている千鶴子は舞台でダンスを披露する。

パーティーに訪れた、衣香の高校時代からの友人親友・菅沼杏子(三浦理恵子)は年下の彼氏を衣香に紹介。

「よくあんな若いこと付き合えるよね」
「むこうから好きになっちゃったて言うんだもん」
「杏子モテるもんね」

女という生き物の世界では言いたくないことでも、相手が言ってほしいことを瞬時に察知し、投げることができて初めて交友関係が成立する。

どこにいても自分が主役でいないと気がすまない女は私は嫌いだ。そういう種類の女たちはまるで自分がドラマの主人公のように振る舞い当然のように注目を要求する。

そう衣香は心の中で思っていた。

ダンスの後、千鶴子は我が家の新しい当主と誠をみんなの前で紹介し、誠は生まれ育った家に戻ってこれて最高だとスピーチする。

千鶴子は再び踊り始め、その様子を遠くから見て笑う衣香。

ダンスを一通り踊り終えた後、千鶴子が衣香の元に駆け寄ってくる。

千鶴子がこの家に後妻として嫁いだ時、誠は難しい年頃だったのに母として受け入れてくれた。だから、どんなことがあっても幸せになってほしいと衣香に話す。

そして…

「誠さんがあなたを連れて来た時、私もお父さんも気にかかる点はあったけど反対しなかったのは
あなたが物欲しげだったからよ。」

「えっ?」

「あなたは何にも持っていなかった。空っぽだった。自分で成し遂げた仕事も温かな家庭も。自信も。だから気に入った。誠さんが好きに染めていけばいい。」

そこに誠がやってきて衣香に一緒に踊ろうと誘うが、彼女には無理よと千鶴子が誠を連れて行ってしまった。

(世の中には人の心などおかまいなし。傲慢な女も存在する。思ったことを理性の検閲を通さず口にする。そういう女たちも私の嫌いな部類に分類される。)

そう思いながら庭で立ち尽くす衣香をじっと見つめる一人の男の姿があった。
===
キッチンでパーティーに出す追加の料理を準備していたところ、衣香は突然男に口を抑えられ驚く。

久しぶりと突然訪れた男は衣香の昔の恋人・瀬野樹(今井翼)だった。

突然現れた樹の姿に驚く衣香

樹は借金保証人になって追われて捕まったら殺される。人生終わりだと思ったら衣香の顔が見たくなってきた。行くところがないからかくまってくれと言い出す。

衣香は家族がいると断るが「ずっと衣香のことが忘れられなかった」と樹が言う。

「突然姿を消したのはあなたでしょ」

「本当に後悔している」

すると、千鶴子が衣香を呼び近づいてくる。

樹の姿が知られたらまずいと焦る衣香だが振り返ると樹の姿はなかった。

スポンサーリンク


夜。

衣香が誠のスーツのポケットから女性者のピアスを見つけ、ゴミ箱に捨てる。

その姿に気づいた誠は、仕事で女の子のいる店に行きいたずらで入れられたと言い訳をする。衣香も
仕事だから気にしていないと答える。

そして、誠が寝ているベッドに寄り添い衣香は誠を誘うが明日も早いと背中をむいてはぐらかされてしまった。

(世の中には夫も子供もいるのに、胸にぽっかり空いた寂しい秒にかかっている女がいる
そんな女が私は世界で1番嫌いだ。)

ふと衣香の顔に血が付いているのを誠が見つけ、動揺していると天井からぽたぽたと血が落ちてきた。

二人は恐る恐る血が落ちてきた屋根裏に上る。そこは、人が住めるくらい広い部屋だった。あたりを見渡すと、床板が外されている部分があり、中にはねずみが死んで血を流していた。

誠は、千鶴子が人でも殺して隠しているのかと冗談を言いねずみを片付け、屋根裏を降りていく。

衣香も後を追っておりようとしたところ、奥の方からミシミシと音がし、ふと音がする方に目線を向けると、樹が現れ「しーっ」と口に指をあて、衣香は何も言わずに屋根裏を降りていった。

誠が寝たのを確認し、屋根裏の樹の元に行く衣香。

「どうして?」

「衣香は変わらずきれいだ」

「勝手に忍び込むなんて犯罪よ」

「本当にどこに行くところがない、ことが落ち着くまでここにいさせてくれ。ここなら誰にも見つからない。僕の存在を知るのはこの世で衣香だけ。」

「何言っているの。警察呼ぶわよ」

「いいよそれで、衣香の手で葬られるならそれでいい。やつらに見つかったらどうせ殺される。お願いだ、今宵一晩だけでいい。君のそばにいさせてほしい。朝になったら出て行くから」

そう言われ、衣香は何も言わずに屋根裏から降りていった。

屋根裏の恋人1話ネタバレあらすじ【後半】

翌朝。

息子の勇人が冷蔵庫の中に入れておいたハンバーガーが寝ている間になくなっていると話すが、帰り道に落としたんじゃないという衣香。

信じてくれなくてもいいどうせ幽霊でもいるんだこの家とふてくされそのまま学校に行くため家を出てしまい、続けて、誠も会社に向かおうとする。

「パパ…今日…」

「わかっているよ。早く帰る」

と誠は衣香の耳元でささやき会社に向かった。

家族を見送った後、衣香は屋根裏に向かおうとした時、杏子が訪ねてきた。

杏子は新しいバックを見せ付けるかのようにテーブルの上に置くものの、衣香はあえて何も言わない。

ファイナンシャルプランナーの杏子は、パーティーの時千鶴子に資産運用について相談したいと言われ訪ねてきたのだという。

衣香は義父から千鶴子には残されたのはこの家しかないと言うが、杏子は知らないの?と口を滑らす。他にもあるの?誰にも言わないから教えてと衣香は言うが教えられないと言う杏子。

すると、杏子は樹から誠に乗り換えてよかったねと話しだす。

義父は3億の保険をかけており、受取人を千鶴子にしていたのだという。千鶴子先生が亡くなるまでにしっかりアドバイスしてもっと増やしておくようにするわと言った。

二人が話す様子をじっと見つめる樹だった。

スポンサーリンク


杏子が帰った後、屋根裏に様子を見に行く衣香。

しかし、樹の姿はなかった。

杏子が帰った後、衣香は借金返済のため、内緒で在宅で出会い系チャットサイトのさくらのバイトをしていた。

夕食を準備し、家族の帰宅を待っている衣香。

今日は、17回目の結婚記念日であり、衣香の誕生日でもあった。

早く帰ると約束し自宅前に着いた誠だが、不倫相手からどうしても会いたいと連絡が入り会いに行ってしまう。さらに、息子・勇人と娘・帆花(大友花恋)からもすっぽかされ、一人ため息をつきながら夕食を食べ始める衣香。

すると、バイオリンの音が聞こえ、音のする屋根裏に行くと樹が弾いていたのだった。

どこか懐かしそうに樹が弾くバイオリンを聞き入る衣香

1曲弾き終わると、突然ハッピーバースデーの曲を弾き始めた。

はっとした衣香は「止めて!どうしてこんなことするの?誰かに気がつかれたら。」と言う。

「誰も気づきはしない。世の中に忘れさられたものが集う。それが屋根裏部屋だから。あなたにおめでとうを言いたかった」

「何をいまさら」

「あの日、18年前言えなかったから。あれから俺の時間は止まっている」

「そう。18年前の今日だったよね誕生日お祝いしてくれるってレストラン予約してくれて、でもあなたはこなかった。突然いなくなった。何が起こったのか全然わからなかった。出て行って」

しかしその瞬間樹はごめんと言いながらも衣香を強く抱きよせる。

そこに誠が帰ってくる。

樹の手を振りほどき、慌てて屋根裏を降りていく衣香だった。

誠は、急な会食が入って遅くなったと謝り、衣香を抱きしめる。

しかし、誠からピアスを見つけた時と同じ香水のにおいがし、衣香がまた行ったのと聞くと、最近の接待はキャバクラばっかりだから疲れると言い、誠は慌てて部屋を出て行った。

スポンサーリンク



翌朝

屋根裏を訪れる衣香。

樹はまだ住み着いていた。

「衣香のことが頭から離れなくて気が付いたら戻ってきていた」

「うそ」

「うそつきは衣香の方だ。俺が知っている衣香は臆病で不器用だったけどまっすぐだった。今の衣香はうそだらけだ。ここは嘘で成り立っている氷のお家。見た目はうっとりするほどきれいだけど、あっさり溶ける。そんな嘘をついてまで守る価値あるの?」

「何言っているかわからない」

「杏子という女、心の中で衣香のことを馬鹿にしている。意地悪言われて楽しいの?」

「あなたにそんなこと言われる筋合いはない」

「出会い系のさくらのバイトしているよね?お金が必要なんだよね。何のため?家族に内緒でバイトして世間にはおうちサロン開くセレブ妻。

愛され妻のフリ。旦那の心が自分にない、浮気しているんじゃないかと疑っている。だけど何にも言わないで作った笑顔をはりつかせて。

俺はそんなあなたを見ていられない。昔のあなたは辛いこともあったけど、心から笑っていた。どうしてそんなに心閉じ込めているの?

悲しいのに泣かないで、怒っているのに平気な顔して。何を守ろうとしている。世間体?プライド?
衣香に笑っていて欲しい、俺の願いはただそれだけ」

「いまさらあなたに何ができるの。出て行って」

「今の衣香には俺が必要だ。衣香の心は助けを求めている。俺には聞こえるあなたの悲鳴が」

と言い、衣香を抱きしめた。

「俺が守る壊れそうになっているあなたの心を」

そういって、樹は衣香にキスをした。

インターホンがなり、屋根裏を降りていく衣香。

刑事訪れ一人の男の写真を見せられ動揺する。

実は昔、衣香が夜道を歩いていたところ突然その写真の男に襲われた。しかしそのことは話さずに知らないと答える。

その男は遺体となって見つかり、何者かによって殺害された可能性が高い、そしてその男の部屋から、台紙にはられ切り刻まれた衣香の写真が見つかったのだという。

被害者の男は、東京に住み投資で生計を立てていたのに、なぜ衣香の写真を持っていたのか関係を知りたいと言う。

しかし衣香は何も知らないと答えた。

刑事が帰った後、当時のことを思い出した衣香。

男に襲われた夜、彼女を助けたのが樹だった。樹は助けに入ったものの、男に頭を殴られその場に頭を抱えて倒れたのだった。

屋根裏の恋人1話ネタバレあらすじの感想

いやぁ…想像していた以上に怖かった…!

ホラーじゃないのに、雰囲気がホラー仕立てになっていてこの時間帯に見るのが怖かったです…(笑)いや、この時間帯だからよりホラーに感じるのでしょうか…。。

樹は18年前の衣香の誕生日の日に突然姿を消しました。しかし実はその日事故か何かで亡くなってしまい、幽霊として再び現れたのではないか?そのことを衣香は知らなくて、「誰も気づかないよ」と言ったのは、もうこの世にはいないからかな?と思いました。

いずれにしても、樹はもうこの世には存在しない人のような気がします。

1話から、ホラー&ドロドロ感がヤバイですが、次回予告の後に出てくる格言とギャグとしか思えない映像に思わず吹きました(笑)

初回から色々と伏線がはられ、それがどのように繋がっていくのか。今後もかなり期待できるドラマで来週が楽しみです。

スポンサーリンク